「水と物の溶け方」の記事一覧(2 / 2ページ)

水溶液と電流の関係とは?

水溶液と電流 水を電気分解するときに硫酸または水酸化ナトリウムを溶かしました。 これは電気の通り方をよくするためなのですが このような物質の水溶液はいったい、どのような状態になっているのでしょう。 また、金属ナトリウムの・・・

結晶の形とは? 再結晶とは?

結晶の形 結晶は、いくつかの平面とその平面が交わるいくつかの辺とで囲まれた立体です。 結晶には大きなものも、小さなものもあります。 また、板状のものや、針状のものなど、その形はさまざまです。 しかし、結晶の形は物質によっ・・・

結晶と沈殿 飽和水溶液とは? 沈殿の析出とは?

飽和溶液 溶質が溶けこめるだけ溶けこんでいる溶液を飽和溶液といいます。 飽和溶液では、圧力や温度などの条件を加えないかぎり 同じ溶質を入れても、それ以上溶けません。 このような、溶液に溶けこんで飽和溶液を作っている溶質を・・・

気体の溶け方とは? 圧力・温度と気体の溶解度とは?

水が温まる様子を見ていると水を入れた器の底に泡がつきます。 この泡は、水に溶けていた空気が気体になったものです。 ここでは、気体が水に溶ける様子を調べてみましょう。 気体の圧力と溶解度 アンモニアや塩化水素などの気体は ・・・

溶解度と濃度とは? 溶解度曲線とは?

溶解度 溶解度は、溶媒100グラムに溶ける溶質の量(グラム数)であらわされます。 ホウ酸と塩化ナトリウムの溶解度を比べるとわかるように 溶解度は、溶媒が同じでも溶質の種類によって違います。 また、同じ溶質でも、溶媒の種類・・・

溶解度とは? ホウ酸・食塩・水酸化カルシウムの溶け方とは?

物がよく溶けるという言い方には2通りの意味があります。 その1つは、物が早く溶けるということで もう1つは、物が多く溶けるということです。 溶解度というのは、ある物質かある溶媒にどれだけ溶解するかをあらわすものです。 で・・・

溶液の濃度とは? コロイド溶液とは?

溶液の沸点と氷点 純粋な水に、一気圧のもとでは、0℃以下では氷になりますが 100℃になると沸騰して水蒸気にかわります。 このことを、水の氷点(融点)は0℃であり、沸点は100℃であるといいます。 しかし、水にいろいろな・・・

溶解と溶液とは?

溶解 砂糖や塩を水に溶かした液は、もとの水と見分けがつきません。 しかし、粘土を水に人れてかき混ぜた液は、にごりがひどいので もとの水とすぐ見分けがつきます。 これは、水の中にある砂糖や塩と 粘土との様子が、まるで違って・・・

2 / 212
サブコンテンツ