「酸・塩基」の記事一覧(2 / 2ページ)

硫酸の性質と用途とは?

硫酸の製法 硫黄や硫黄をふくんだ鉱石を、空気を通しながら焼くと 二酸化硫黄(亜硫酸ガス)ができます。 硫酸は、図の式のように、二酸化硫黄を空気中の酸素で酸化して 三酸化硫黄とし、さらに水を反応させてつくります。 しかし、・・・

塩酸の性質と用途とは?

塩酸の工業的製法 塩酸は、塩化ナトリウム(食塩)の電気分解でできる水素 と塩素から塩化水素をつくり、これを水に溶かしてつくります。 塩化水素は、黒鉛でできた耐火性の太い円筒の中で 水素を塩素で燃やしてつくります。 できた・・・

弱酸と強酸とは? 一塩基酸と多塩基酸とは?

酸・塩基について、いろいろなことを調べてきましたが 酸にはどのような種類があり また、それぞれどのような性質があるか調べてみましょう。 弱酸と強酸 炭酸のように、一部分しか電離をおこさない酸は 水素イオンを少ししかつくら・・・

酸・塩基の指示薬とは?

水素イオン濃度が違えば、同じ液でも非常に性質がかわってきます。 そのため、いろいろな溶液の水素イオン濃度を調べることは非常に大切です。 指示薬 溶液が酸性か塩基性かを調べるいちばん簡単な方法は、なめてみることです。 もし・・・

酸と塩基の関係とは?

純水の電離 純粋な水も、ごくわずかですが 水素イオンと水酸イオンとに電離しています。 この場合、水1分子から水素イオンと水酸イオンが1つずつできるので 水素イオンと水酸イオンの数は等しくなります。 このことを、水素イオン・・・

塩基と塩基性とは?

アンモニアの水溶液 アンモニアは、20℃での水に、水の700倍ぐらいの体積が溶けます。 アンモニアの水溶液に、青色リトマス紙と赤色リトマス紙を入れると 二酸化炭素の水溶液の場合と違って 赤色リトマス紙は青くなりますが青色・・・

酸と酸性とは? 酸の性質とは?

アサガオの花やシソの葉からしぼりとった色水に 酢やナツミカンの汁を入れると色が赤くなります。 一方、この色水に、灰じるのうわずみ液を入れると色が青くなります。 また、酢のかわりに塩酸を灰じるのかわりに 水酸化ナトリウムの・・・

2 / 212
サブコンテンツ