「エネルギーと原子の研究」の記事一覧

天文学の発達しはじめたのはいつ頃? 天才ガウスの計算とは?

天王星の発見 18世紀の中頃から、天文学も進歩しはじめました。 1755年、ドイツのカントは 「宇宙は、はじめ、もやもやした星雲のようなものが渦をまいて運動をしはじめて それがだんだん固まり、今日のような天体ができた」と・・・

光は粒か波か? 光の正体とは?

ニュートンとホイヘンスとの争い 科学者の間には「光とは何か」という問題が、かなり昔からありました。 18世紀のはじめ、ニュートンが太陽の光が7つの色(スペクトル)に わけられることを発見して 「光は、光を出すものから発せ・・・

X線の発見はいつ頃? ラジウムの発見はいつ頃?

クルックス管の謎 1874年、イギリスの物理学者クルックスは、クルックス管を発明しました。 これは2つの電極をガラス管にふうじこめ、管内の空気を抜いて 真空の状態に近づけたものです。 そして、この2つの電極に直流の高電圧・・・

熱の正体とは? 温度計が発明されたのはいつ頃?

温度計の発明 熱さ、冷たさなどをはかろうとして考えだされたのが温度計です。 はじめてつくられた温度計は、空気温度計でした。 ガリレオの友達の医者は、早速これを改良して、病人の体温を測ったといわれています。 1714年、ド・・・

斜面の法則とは? エネルギー保存の法則とは?

夢からうまれた斜面の法則 大昔から人類は「少しでも楽に仕事をしたい」という夢を抱き続けてきました。 この夢は「永久機関」をつくろうという努力にかわりました。 永久機関というのは、外から力を加えないでも 自分の力で回転して・・・

サブコンテンツ