「原子」タグの記事一覧

酸化・還元と電気分解とは?

酸化と還元 今までは、酸化と還元について別々に考えてきましたが ここで酸化・還元をまとめて考えてみましょう。 かんたんな例として、炭素が燃える場合を考えてみましょう。 炭素原子の原子価は0、二酸化炭素になったときは炭素の・・・

イオンとは? イオンのつくりと表し方とは?

陽イオンと陰イオン 塩化第二銅の水溶液を電気分解するとき 銅は陰極の表面につくのですから 溶液中の銅は、陰極に引きつけられるような溶け方をしていると考えられます。 それには、銅が十の電気を帯びて溶けているのにたいして 塩・・・

原子量と分子量とは? 原子価と構造式とは?

原子価と構造式 いくつかの原子が結びついて分子をつくっているとき 原子同士がどのように結びついているかを考えるには 結びつく手を考えると便利です。 例えば水H2Oは、水素原子が1本 酸素原子が2本の手をもっていて 互いに・・・

化学変化のあらわし方とは? 分子式・化学式とは?

化合物や化学変化を、いちいち文章であらわすのは大変です。 そこで、元素を元素記号であらわすように 化合物や化学変化も記号であらわしています。 分子式と組成式 水素分子や酸素分子の1個はそれぞれ 水素原子、酸素原子が2個ず・・・

同位体とは? 放射性同位体とは?

同位体 原子核にふくまれる陽子と中性子の数とを足したものを質量数といいます。 今ここに、陽子が1つで中性子の数がそれぞれ、0・1・2の つまり質量数が、1・2・3と違う原子核をもつ3つの原子があるとします。 この3つの原・・・

原子のつくり 原子核とは?

原子のつくリ 原子はこのように小さいものですから、原子が考えだされたころには ただ、丸くて固い玉のようなものだと想像するだけでした。 その後、研究が進むにつれて原子のつくりもはっきりしてきました。 1913年に、デンマー・・・

元素と原子、分子とは?

元素と原子 物質を細かく分けていくと最後に、もうそれ以上分けることができない 小さな粒になるという考えは古代のギリシアやローマ・インドの学者たちも考えました。 ギリシアのデモクリトスは この粒を「分けることができない」と・・・

サブコンテンツ