「塩基性」タグの記事一覧

酸性・塩基性の強さと酸・塩基の濃度とは?

酸性・塩基性の強さと、酸・塩基の濃度とは、ぜんぜん別のことです。ここでは酸性・塩基性の強さと、酸・塩基の濃度ということについて、くわしく調べてみましょう。 酸・塩基の濃度 酸・塩基の濃度は、溶液中に溶けている、酸・塩基の・・・

中和とは? 中和のしかたとは?

これまで、いろいろな酸や塩基について その性質や用途を調べてきましたが ここでは、酸と塩基がおこす中和反応や中和によってできる塩について もっとくわしく調べてみましょう。 塩酸と水酸化ナトリウムの中和 うすい塩酸とうすい・・・

水酸化カルシウムの製法・性質・用途とは?

水酸化カルシウムの製法 水酸化カルシウムは、石灰石を原料としてつくります。 石灰石は天然に産出する炭酸カルシウムで、これを焼くと二酸化炭素にをだして つぎの①式のように酸化カルシウムになります。 生石灰ともよばれる白色の・・・

弱塩基と強塩基とは?

弱塩基と強塩基 酸に弱酸と強酸があるように、塩基にも弱塩基と強塩基とがあります。 アンモニア水のように、一部分しか電離をおこさない塩基は 水酸イオンを少ししかつくらないために 塩基性が弱く弱塩基とよばれます。 水酸化ナト・・・

酸・塩基の指示薬とは?

水素イオン濃度が違えば、同じ液でも非常に性質がかわってきます。 そのため、いろいろな溶液の水素イオン濃度を調べることは非常に大切です。 指示薬 溶液が酸性か塩基性かを調べるいちばん簡単な方法は、なめてみることです。 もし・・・

酸と塩基の関係とは?

純水の電離 純粋な水も、ごくわずかですが 水素イオンと水酸イオンとに電離しています。 この場合、水1分子から水素イオンと水酸イオンが1つずつできるので 水素イオンと水酸イオンの数は等しくなります。 このことを、水素イオン・・・

塩基と塩基性とは?

アンモニアの水溶液 アンモニアは、20℃での水に、水の700倍ぐらいの体積が溶けます。 アンモニアの水溶液に、青色リトマス紙と赤色リトマス紙を入れると 二酸化炭素の水溶液の場合と違って 赤色リトマス紙は青くなりますが青色・・・

サブコンテンツ