「塩基」タグの記事一覧

中和と指示薬・中和滴定法とは?

中和と指示薬 水酸化ナトリウムの水溶液に、塩酸を少しずっくわえていったときに 当量の中和がおこったかどうかを調べには、指示薬を使います。 このような中和の進み方を調べるときに使う指示薬を中和指示薬といいます。 たとえば、・・・

アンモニアの製法・性質・用途とは?

アンモニア水の製法 アンモニア水をつくるには、アンモニアを水に溶かせばよいわけです。 アンモニアは、純粋な窒素と水素に、触媒を通して合成します。 市販の濃アンモニア水は約28パーセント、比重は0.9ぐらいです。 瓶のフタ・・・

弱塩基と強塩基とは?

弱塩基と強塩基 酸に弱酸と強酸があるように、塩基にも弱塩基と強塩基とがあります。 アンモニア水のように、一部分しか電離をおこさない塩基は 水酸イオンを少ししかつくらないために 塩基性が弱く弱塩基とよばれます。 水酸化ナト・・・

濃い酸のはたらきとは?

濃い酸のはたらき うすい酸のはたらきを調べたときと同じようにして 濃硫酸や濃塩酸のはたらきを調べてみましょう。 濃硫酸と濃塩酸は、どちらも取扱いには、充分注意しましょう。 亜鉛・鉄・スズ・銅を濃い酸に入れた場合いの結果を・・・

酸・塩基の指示薬とは?

水素イオン濃度が違えば、同じ液でも非常に性質がかわってきます。 そのため、いろいろな溶液の水素イオン濃度を調べることは非常に大切です。 指示薬 溶液が酸性か塩基性かを調べるいちばん簡単な方法は、なめてみることです。 もし・・・

酸と塩基の関係とは?

純水の電離 純粋な水も、ごくわずかですが 水素イオンと水酸イオンとに電離しています。 この場合、水1分子から水素イオンと水酸イオンが1つずつできるので 水素イオンと水酸イオンの数は等しくなります。 このことを、水素イオン・・・

塩基と塩基性とは?

アンモニアの水溶液 アンモニアは、20℃での水に、水の700倍ぐらいの体積が溶けます。 アンモニアの水溶液に、青色リトマス紙と赤色リトマス紙を入れると 二酸化炭素の水溶液の場合と違って 赤色リトマス紙は青くなりますが青色・・・

酸と酸性とは? 酸の性質とは?

アサガオの花やシソの葉からしぼりとった色水に 酢やナツミカンの汁を入れると色が赤くなります。 一方、この色水に、灰じるのうわずみ液を入れると色が青くなります。 また、酢のかわりに塩酸を灰じるのかわりに 水酸化ナトリウムの・・・

サブコンテンツ