「消化」タグの記事一覧

肝臓とすい臓のはたらきとは?

食べ物の栄養素は、ほとんど小腸で消化されて、吸収されます。 大腸は、小腸に続く管で、消化の残りものから水分を吸収します。 胃からおくられた食べ物は、小腸のはじめの部分にある、十二指腸に入ります。 十二指腸には、肝臓からと・・・

つばきのはたらきとは? 舌のはたらきとは?

つばきのはたらき 食べ物は、歯で噛み砕かれている間に、つばきと混じります。 つばきは、だ液腺から出される消化液のことで、だ液ともいわれます。 だ液は、プチアリンという酵素をふくんでいて、食べ物を消化するはたらきがあります・・・

歯の衛生とは? 虫歯・歯槽膿漏とは?

歯が悪いと、食べ物をよく噛まずに飲み込むため 胃や超を悪くし消化不良を起こしがちです。 そのため栄養がよくとれなくて、いろいろな病気にかかりやすくなります。 奥歯が抜けたりすれば、前歯で食べ物を噛むため 下あごがつきだし・・・

消化と吸収とは? 歯のはたらきとは?

消化と吸収 私たちがとる食べ物は、体をつくる材料になったり、体を動かす燃料になったりします。 食べ物が、このはたらきをするためには まず、体の中にとりこまれなければなりません。 食べ物が、腸の壁から体の中に取り込まれるこ・・・

たんぱく質の消化とは? たんぱく質の消化酵素とは?

たんぱく質は、たくさんの、しかもいろいろなアミノ酸が つながってできている大きな分子の栄養素です。 このような大きい分子は、そのままでは吸収されません。 また自分の体をつくっているたんぱく質とは、違ったたんぱく質が その・・・

脂肪の消化とは? 脂肪の消化酵素とは?

脂肪は、水に溶けにくく、水の中ではお互いに集まりあって 大小さまざまな粒になっています。 このような脂肪が、腸の壁から吸収されるためには 非常に小さな粒になるか、または分解をうけて 水に溶けやすい形にならなければならない・・・

でんぷんの消化とは? てんぷんの消化酵素とは?

食物の中にふくまれる、でんぷんや脂肪、たんぱく質は 非常に大きな分子であったり、また分子どうしがたくさん集まって 大きい粒子をつくったりする性質が強くて そのままでは、すぐに腸の壁から吸収されません。 そこで、食物が口か・・・

サブコンテンツ