「物質」タグの記事一覧

気体の混合物の分離とは?

液体にして分離する方法 空気は、窒素・酸素、その他の気体の混合物ですが、 これに圧力をかけて、冷やすと、液体空気が得られます。 液体空気の中にある液体窒素も液体酸素も それぞれ違った沸点をもっていますから これを放置して・・・

溶液混合物の分離 分留・抽出による分離とは?

分留による分離 水にアルコールが混合していたり メチルアルコールとエチルアルコールが混合していたりするような 液体と液体が混合している場合はそれぞれの物質の沸点の差を利用して 蒸留を繰り返して分離することができます。 こ・・・

溶液混合物の分離 蒸留による分離とは?

蒸留による分離 食塩水のように、液体の中に固体が溶けて 混合物をつくっているような場合には、この液体を蒸発させて蒸気にし 冷やして再び凝縮させると、純粋な液体が得られます。 このような方法で、純粋な液体を分離する操作を、・・・

溶液混合物の分離 再結晶法とは?

再結晶法 硝酸カリウムやホウ酸などは 温度によって溶解度の変化が著しい物質です。 これらの物質は、高温において 飽和溶液をつくり、この溶液を冷やすと 溶解度が減少するために、溶質が純粋な結晶として析出してきます。 このよ・・・

混合物の分離とは? 

物質は、常に純粋な形で存在しているとは限りません。 むしろ、混合物となっている場合のほうが多いものです。 そこで混合物から、必要とする物を純粋な形で取り出したり 混合物が何種類の物質からできているかを調べることが必要にな・・・

混合物の重さと体積の変化とは?

混合したときの重さの変化】 水に食塩を溶かしたとき、物質の重さや体積はどうなるでしょうか。 ビーカーに50グラムの水をはかりとり これに食塩15グラムをはかって溶かし 完全に溶け終わってから混合溶液の重さを測定してみます・・・

混合物の沸点と融点とは?

純物質と混合物 前の章でも述べたように、純粋な物質の沸点や融点を測定してみると 常に一定の値をしめすものです。 これに対して、2種以上の物質を混ぜた混合物は 一定の沸点も融点もしめしません。 そこで、一定の沸点と融点を持・・・

電気抵抗と熱伝導とは? 炎色反応とは?

電気抵抗と熱伝導 長さ、太さが等しく、種類の違う金属線に豆電球をつけ 電気を通して豆電球の明るさをくらべてみます。 金属線として、銅線・鉄線・ニクロム線を使うと 銅線につないだ豆電球は明るくつきますが 鉄線の場合はそれよ・・・

溶解度とは? 結晶の形とは?

溶解度 食塩と砂糖と同じ量の水に溶かしてみると 溶ける量は物質によって違いがあることがわかります。 硫酸銅やホウ酸・ミョウバンなどのいろいろな物質は その物質特有の溶解度をもっています。 白色の粉末が2種類あり、見た目に・・・

気体の膨張率とは?

気体の膨張 空気や窒素・酸素などの気体も、温度を高くすると体積が膨張します。 下の図のような装置で、空気の膨張を測定し 体積と温度との関係をグラフにすることができます。 空気のかわりに、二酸化炭素・窒素・酸素などの気体を・・・

1 / 212
サブコンテンツ