「特性」タグの記事一覧

電気抵抗と熱伝導とは? 炎色反応とは?

電気抵抗と熱伝導 長さ、太さが等しく、種類の違う金属線に豆電球をつけ 電気を通して豆電球の明るさをくらべてみます。 金属線として、銅線・鉄線・ニクロム線を使うと 銅線につないだ豆電球は明るくつきますが 鉄線の場合はそれよ・・・

溶解度とは? 結晶の形とは?

溶解度 食塩と砂糖と同じ量の水に溶かしてみると 溶ける量は物質によって違いがあることがわかります。 硫酸銅やホウ酸・ミョウバンなどのいろいろな物質は その物質特有の溶解度をもっています。 白色の粉末が2種類あり、見た目に・・・

気体の膨張率とは?

気体の膨張 空気や窒素・酸素などの気体も、温度を高くすると体積が膨張します。 下の図のような装置で、空気の膨張を測定し 体積と温度との関係をグラフにすることができます。 空気のかわりに、二酸化炭素・窒素・酸素などの気体を・・・

固体の膨張率・液体の膨張率とは?

固体の膨張率 ふつうの物質は、温度が高くなると体積が増えます。 このことを膨張といいます。 それでは、膨張のしかたは、物質によってどのように違うのでしょうか。 中空のパイプの一端を固定し、他のはしがのび縮みしたときに そ・・・

微量物質の融点のはかリ方とは?

ナフタリンやパラジクロルベンゼンなどの 固体の物質の融点を測定するにはつぎのようにすると便利です。 この方法によると、融点をはかる物質の量が 微量で済むのでその点でも便利です。 ガラスの毛細管の中に物質を少量入れて 温度・・・

物質の融点とは?

水を試験管に入れ、氷と食塩をまぜあわせたもの(これを寒剤という) の中に入れて冷やしてみます。 このとき、水の中に温度計をさしこんでおいて 冷えてゆく温度と時間との関係をグラフにしてみましょう。 水は、その量が多くても少・・・

気体の重さと体積とは?

空気を注射器に入れて、注射器の先を閉じ ピストンを押したり引いたりすると空気は縮んだり、広がったりします。 これは、気体が液体や固体とは著しく異なるところです。 物質の状態を考えるとき、温度と圧力と体積は大切な要素です。・・・

液体の重さと体積・固体の重さと体積とは?

重さは、物質を区別する手がかりになるでしょうがここでは 物質の重さと体積について調べてみましよう。 液体の重さと体積 液体1立方センチあたりの重さを調べるにはつぎのようにします。 上皿天秤で、空のビーカーの重さをはかりま・・・

物質の特性とは? 色・におい・味

色・におい・味 白い粉末を2種類見せられて、どちらが砂糖でどちらが食塩かと訊かれたとき 私たちは、どうするでしょう。 砂糖と食塩である、ということがわかっていれば いちばん早いのは、なめて味をみることではないでしょうか。・・・

サブコンテンツ