「石油」タグの記事一覧

たんぱく質と酸の関係とは?

たんぱく質と酸 牛乳に酸を少しくわえるとカゼインというたんぱく質が 沈殿して白いかたまりができます。 また、牛乳が古くなっても白いかたまりができます。 これは、牛乳の中にある乳糖が、乳酸菌によって乳酸にかわり この酸のは・・・

石油の分留・クラッキング・リホーミングとは?

石油の分留 炭化水素はいっぱんに、分子の大きさが増すにつれて、沸点がだんだん高くなります。 そのため常温(ふつうの温度)で気体のもの、液体のもの、固体のものなどがあり それらが溶けあって原油を形づくっています。 それで原・・・

石油製品とは? 石油の成分とは?

石油の成分 石油はいろいろな炭化水素がまじりあったものです。 炭化水素というのは、炭素原子と水素原子だけからできている化合物で いちばん簡単なのはメタンですが、それよりも分子が大きく 炭素がくさりのようにつながったもの、・・・

石油のでき方とは? 石油の取り出し方とは?

石油は紀元前のはるか昔から、すでに人々に知られ たとえばアスファルトが塗料などに用いられたと伝えられています。 しかし、いまのような石油工業は19世紀の半ば過ぎから起こったものであり はじめは、灯火用の油、つまり灯油がお・・・

液体燃料とは? 原油・石油・ガソリン・灯油とは?

液体燃料どいうと、私たちにすぐ石油を思いだします。 石油は原油として地下から取り出されています。 石油の主成分は炭素と水素の化合物です。 この炭素と水素の化合物は炭化水素とよばれますが これには炭素や水素の数の違いや む・・・

気体燃料とは? 天然ガス・石炭ガス・発生炉ガス・木炭ガスとは?

私たちは、寒いときや料理をするときなど 物を燃やして温まったり、飲物や食物を熱くしたりしています。 このとき、熱をとるため燃やすのに必要なものが燃料です。 燃料としては、よく炭素や炭素の化合物が使われます。 これは、炭素・・・

サブコンテンツ