「脂肪」タグの記事一覧

脂肪とは? 脂肪のはたらきとは?

脂肪は、ふつう、あぶらといわれているもののことです。 ふつうの温度では、固体のもの(肉のあぶらやバターなど)と 液体のもの(なたねあぶらなど)とがあります。 しかし、固体のものでも、すこし温めると、どろどろしてきます。 ・・・

栄養とは? 栄養素の役目とは?

私たちは毎日、三度三度食事をとり、その合間にも お腹が空いたといっては、おやつを食べます。 こうして、なにげなく食べている食べ物がみな、私たちの体に役に立っているのです。 体が大きくなるのも、丈夫な体になるのも勉強や運動・・・

腐敗とは? 脂肪とたんぱく質の腐敗とは?

腐敗というのは、発酵と同じように、微生物のはたらきによって もっとくわしくいえば、微生物のもつ酵素のはたらきによって 物質が変化することです。 しかし、その変化が、有害なものや、いやなにおいを発するなど いっぱん的に品質・・・

脂肪の消化とは? 脂肪の消化酵素とは?

脂肪は、水に溶けにくく、水の中ではお互いに集まりあって 大小さまざまな粒になっています。 このような脂肪が、腸の壁から吸収されるためには 非常に小さな粒になるか、または分解をうけて 水に溶けやすい形にならなければならない・・・

脂肪の用途とは? 石鹸とマーガリンの作り方とは?

石鹸 ふつう、私たちが使っている石鹸は、脂肪のケン化によってできる 脂肪酸のアルカリ金属塩が主成分となっています。 石鹸には、硬石鹸と軟石鹸とがあります。 これは、石鹸をつくるときに使う脂肪の種類と アルカリの種類によっ・・・

脂肪の性質とは? 脂肪の検出法とは?

脂肪の性質 ①きれいな脂肪は無色で、味もにおいもありません。 しかし動植物からとったままの、天然の脂肪はたいていうす黄色で 特有のにおいと味をもっています。 これは、天然の脂肪の中に 脂肪が酸化されて壊れたものや脂肪に溶・・・

脂肪のつくりと性質とは? 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とは?

脂肪の成分 脂肪を過熱水蒸気などで分解すると、グリセリンと脂肪酸とに分かれます。 これは脂肪が加水分解をしたのです。 この分解によってできた脂肪酸は、一種の酸なので 水酸化ナトリウムをくわえると中和され、塩をつくります。・・・

食物にふくまれる脂肪の割合とは?

脂肪は、食物に広くふくまれていますが 食物の種類や部分によって、ふくまれる割合は、非常に違っています。 植物性食品 ①穀類 米・麦・アワ・キビ・豆などがあります。 これらの種子は、炭水化物を多くふくみますが 豆を除いて脂・・・

脂肪と油脂とは? 植物性脂肪・動物性脂肪とは?

ふつう、動植物体から、いろいろな方法でとりだされ 水に溶けず有機溶剤にかなりよく溶けるような性質をもった成分を、脂肪といいます。 脂肪と油脂 せまい意味で、脂肪というのはバターや牛脂(ヘット) 豚脂(ラード)のように、常・・・

サブコンテンツ