人・犬・猫・鶴の大人になるまでの長さとは? 発育と老化とは?

大人になるまでの長さ

私たちは、うまれてから赤ちゃんの時代、幼児の時代を過ごして小学生になります。
それから後も、大人になるまでには、何年もかかります。

人の一生を100年とすると、その5分の1にあたる20年ちかくもかかってやっと大人になるのです。




ほかの動物たちを見ても大人になるまでの時代が、このように長いものはありません。

猫の一生は、平均して8年ぐらいですが、その8分の1の1年で大人になってしまいます。
また犬は、大人になるまでに、一生の10分の1しか、かかりません。
大人になるまでの時代が長いことは、立派な体や精神をつくるのに都合がよいわけです。

90

また、親は長い間、子どもを養い育てなければなりません。
そのために、しっかりした社会生活を身につける期間が必要なのです。



発育と老化

私たちの体は、うまれてから老人になるまで、たえず形やつくりがかわっています。
このかわりかたが一番激しいのは赤ちゃんから子どもになり、さらに大人になる時期です。

このように、大人になるまでの体のかわりかたを、発育といいます。

いったん大人になってしまうと身長や体重などは、ほとんどかわりません。
しかし、体のつくりやはたらきは、少しずつかわっているのです。

こうして50才を越えるころになると
体も、体のはたらきも衰えて、やがて一生を終わるのです。

このように、大人になってからの体のかわりかたを老化といいます。
いちばん先に老化するのは運動器系で神経系は、かなり遅くなってから衰えます。







サブコンテンツ