ほうき星の正体とは? ハレー彗星とは?

ほうき星

長い尾をひいて、夜空にあらわれるほうき星(彗星)は、太陽系の人気者です。

昔の比呂は、ほうき星を、縁起の悪い印としてたいへん恐れていました。
いまでは、ほうき星の正体が、わかっているので、昔のように恐れる人はありません。
かえって、その素晴らしい眺めに
大きなほうき星のあらわれるのを待っているくらいです。

私たちが、絵や写真で見るような、見事なほうき星は、ごくまれにしかあらわれません。

最近では、1957年に、大きなほうき星が2つ続けてあらわれて人々をびっくりさせました。

望遠鏡でやっとみえるような、小さいほうき星は。毎年10個くらい発見されます。
ほうき星は、彗星ともいいます。




ほうき星の正体

ほうき星の明るい頭の部分の中心を、核といいます
核は小さい岩石や氷のかたまりが、たくさん集まったものです。

この核は、非常に細長い楕円を描いて、太陽のまわりをまわっています。
これが、ほうき星の正体です。

ほうき星が、太陽から遠くにいるとき、核は、太陽の光に輝いているだけです。
ところが、太陽の近くにくると、核からガスが出て、ぐっと明るくなります。
このガスは、たくさん出ると、ほうき星の尾になります。

ほうき星の尾は、いつも太陽と反対の方向に流れています。
太陽に近づけば近づくほど、尾は長くなります。

ハレー彗星

ほうき星の中でも、とくに有名なのはハレー彗星です。
1682年、イギリスの天文学者ハレーは、この彗星が1759年1月に見えると予言しました。

ハレーの計算は正しく、予言の通り発見された彗星は、ハレー彗星とよばれています。

ハレー彗星は、76年に1回、太陽の近くにきます。
そのときの尾は、夜空を取り巻く光の帯のように素晴らしいものです。

また、この彗星は、紀元前467年にあらわれたということが、昔の記録に残っています。
それからのち、はっきりわかっているものだけでも、29回もあらわれています。
こんど、私たちに見えるのは、1986年です。







サブコンテンツ