黒点の形と大きさとは? 黒点の観察

黒点の形と大きさ

望遠鏡で見るとふつうの黒点には、中心に真っ黒い部分
(これを本影とか、暗部という)があって
そのまわりを、うす暗い半影(半暗部ともいう)がとりまいています。

しかし、なかには本影だけとか、半影だけどか
また、1つの半影の中に、たくさんの本影が散らばっているという複雑な黒点もあります。

黒点には、1つだけぽつんとしているものと
2つ以上の黒点がかたまって、群れをつくっているものとがあります。

黒点の群れは、東西に並んだ2つの組にわかれているのがふつうで
これらは、ふたごの黒点とよばれています。

太陽が非常に大きいので、黒点にちっぽけな染みのように見えますが
実際は、ずいぶん大きなものです。
小さなものでも、直径に数百キロメートで大きな黒点になると
半影の直径は数万キロメートルにもなります。

地球の直径が1万2700キロメートルなのですから
黒点がどんなに大きいかがわかるでしょう。




黒点の動き

黒点を続けて観測していると、前日の位置より
少しづつ西へ動いていくのがわかります。

これは、太陽が地球と同じように自転していて
黒点が裏面についたまま、東から西へ運ばれてくためです。

東のはしから顔を出した黒点は、ほぼ13日あまり建つと西の淵につきます。

白いボールに黒点をあらわすマークをつけて、ゆっりまわしてみましょう。
指の自転とともに、黒点の見え方が、どのようにかわるかがわかります。

正面で大きく見えていても、はしのほうにまわるななめになるので
小さく、ひしゃげて見えるでしょう。

黒点の一生

黒点の様子を注意して見ていると、はしにいるときは小さく
正面にきたとき大きく見えるだけでなく形が、たえず変化しているのに気づきます。

小さな黒点の多くは、あらわれてから、2、3日で消えてしまいますが
中には、まわりに小さな黒点がたくさんできて、ふたごの黒点群になるものもあります。

また、群れをつくる黒点の1つ1つが
お互いに動いたり、1つの黒点が2つ以上の小さな黒点に分かれることもあります。

大きな複雑な形をした黒点になると2か月以上も続くことがあります。

このような場合には同じ黒点が太陽の自転によって
2回も3回も、こちら側に見えたり、向こう側に隠れたりして
かくれんぼうをするわけです。



黒点のあらわれかた

黒点は、いつも同じ数だけ、太陽の表面に見えるのではなく
そのあらわれかたに、おもしろい決まりがあります。

おる時期には、1つも黒点の見えない日が数週間も続きます。
それから、黒点の数はだんだん増えてきて
非常に多くあらわれ、太陽の表面が染みだらけに見える年がやってきます。

その後は、また黒点のの数に減り、だいたい11年ごとに
同じようなうつりかわりを繰り返します。

最近では、1954年の1~2月ごろが黒点の少ない時期で
1957年の9~10月ごろかが黒点の多い時期でした。







サブコンテンツ