ビタミンとは? ビタミンの発見はいつ頃?

ビタミンの発見

「航海病」といわれた壊血病が、新鮮な野菜の欠乏のためにおこることが
わかったのは、18世紀のことです。

しかし壊血病や、かっけなど、いろいろな病気が
ある栄養素が不足するためにおこるのだという考え方が
はっきりしたのは20世紀になってからです。




1897年、オランダのアイクマンという学者は
白米ばかり食べているニワトリが、かっけにかかっていることを知り
餌に玄米やぬかをくわえると、これが治ることを発見しました。

これは、動物にビタミン欠乏症をおこさせた最初の実験で
それからビタミンを研究するうえで大切な研究方法となったのです。

1910年には、日本の鈴木梅太郎博士がかっけを予防する物質を
米ぬかからとりだし、翌年この物質をオリザニンと名づけました。

これは、ニワトリの白米病にきく成分をもったもので
今日でいう、ビタミンB1です。

1911年には、ポーランド人のフンクが
鳥の白米病に効く成分を、米ぬかからとりだし
翌年この物質に「生命に必要なアミン」という意味で、ビタミンと名づけたのです。

その後、アメリカのマッカラムという学者によって
ビタミンにも油に溶けるものや、水に溶けるものなどかおることが確かめられ
いろいろなビタミンが、数多く発見されるようになりました。

ビタミンA

油に溶ける性質のビタミンで成長を促進する物質として
バターや肝油の中に認められたものです。

このビタミンが不足すると、とり目(夜盲症)になります。

とり目というのは、夕方少し暗くなると
もう物の見分けがつかなくなる病気です。

目の網膜にはビタミンAがふくまれていて
網膜が光に感じるはたらきに関係しているので
ビタミンAをとらないと網膜中のビタミンAが不足し
感光作用が鈍るのだろうと考えられています。

ビタミンAは肝臓(レバー)、バター、色のついた野菜類に多くふくまれていますが
空気中の酸素によって、だんだん壊されていく性質をもっています。



ビタミンB

かっけを予防し、成長を促す因子(その原因となる物質)として名づけられたものです。

ビタミンB1

現在チアミンとよばれているビタミンで水に溶けます。
これが不足すると、かっけの症状がおきます。

また、炭水化物が私たちの体の中で二酸化炭素にまで分解されるとき
この変化に関係している1つの酵素が、このチアミンを必要としています。

チアミンは加熱すると、とくに塩基性液中で加熱すると
速やかに壊れるので、豆を煮たり、パンをつくるときに
炭酸水素ナトリウム(重曹)を使うと、その大部分は壊れてしまいます。
チアミンは、穀類・豆類などにふくまれます。

ビタミンB2

成長を促進するビタミンで、リボフラビンとよばれ
やはり水に溶ける性質があります。

このビタミンは、炭水化物が体の中で酸化して
エネルギーを生じるときの反応の仲立ちをしています。

牛乳にとくに多く、また肝臓や酵母にもふくまれています。

二コチン酸とその他のビタミンB

体の中でおこる酸化還元反応の多くは
二コチン酸をふくんだ化合物が仲立ちをしています。

私たちにこのビタミンが不足すると
ペラグラ(全身の皮膚に発疹がおきる病気)にかかります。

そのほか、ビタミンB群に入るものには
ピリドキシンとよばれるビタミンB6(シロネズミでは不足すると皮膚炎になる)
パントテン酸(ニワトリでは皮膚炎)・ビオチン(シロネズミでは皮膚炎)
コリン・イノシット(シロネズミでは脂肪肝)・パラアミノ安息香酸(ニワトリでは成長不良)・葉酸・ビタミンB2(貧血になる)などが有名です。

ビタミンC

水に溶けるビタミンでアスコルビン酸ともよばれます。
このビタミンは空気、とくにあついときに空気にあうと
壊れる性質をもっています。

また、銅などのイオンによっても、非常に早く壊れます。

このビタミンが欠乏すると
細胞と細胞をつなぎあわせている物質が不足し
血管をつくっている細胞のつながり方が悪くなって出血しやすくなります。
これが壊血病です。

ビタミンCは、野菜や果物に多くふくまれています。

ビタミンD

油に溶けるビタミンです。
プロビタミンDという物質からできるものですが
この変化は紫外線のはたらきでおこります。

肝油や牛乳には、このプロビタミンDがふくまれています。

このビタミンが不足すると、骨の成長が悪くなり、くる病にかかりやすくなります。
植物にはあまりふくまれていませんがシイタケには例外的に多くふくまれています。







サブコンテンツ