メタクリル樹脂・ポリエチレン・ポリプロピレン・フッ素樹脂・ポリアミドの性質と用途とは?

メタクリル樹脂

アセトンと青酸からつくられる樹脂です。
石油化学製品から直接つくる方法も考えられています。

性質と用途

合成樹脂の中で最も光線を通しやすく、また丈夫で割れにくく
日光にてらされても性質がかわりません。

ですから、ヘリコプターの風防ガラス、看板の材料、照明器具
光学レンズなど使い道の広い樹脂です。
美しい真珠光沢のあるボタンもこれでつくられますし
コンタクトレンズや入れ歯の材料にも使われます。




ポリエチレン

ポリエチレンは、石油の分解ガスからとれるエチレンを重合させてつくりますが
この重合法には、高圧法・中圧法・低圧法の3つがあり
つくりかたによって、できるポリエチレンの性質も少し違ってきます。

性質と用途

ポリエチレンは、可塑剤をくわえなくても、柔らかい製品がえられるのが特徴ですが
高圧法のものより、中・低圧法のもののほうが
硬くて丈夫で溶ける温度も高くなります。
水や薬品に強く、電気を通さないのは、すべてのポリエチレンに共通した性質です。

ポリエチレンのいちばん大きな用途は食料品や雑貨などを包む袋や
温床などに使うフィルムです。

また、軽くて壊れにくい性質を利用して
ごみ箱・バケツ・たらい、ジュースやビールの運搬箱、水筒、薬品瓶など
たくさんの種類の製品がつくられています。

ポリエチレンは、安くて使いやすい合成樹脂ですから
我が国では、合成樹脂の中で、いちばん多く製造されています。

ポリプロピレン」

石油からとれるプロピレンガスを原料とし
ポリエチレンの低圧法によくにた方法でつくられます。

性質と用途

およその性質は、ポリエチレンとよく似ていますので、使い道も似ています。
しかし、ポリエチレンよりもさらに耐熱性がよく丈夫で
見かけも美しいものがつくられます。

最近は、荷造り用の丈夫なひも、またこれを編んでつくった袋や敷物などにも
たくさんのポリプロピレンが使われています。



フッ素樹脂

フッ素原子が結合したエチレンやプロピレンを
重合させてつくった樹脂で、みかけばポリエチレンによく似ています。

性質と用途

あらゆる薬品におかされず、低温から高温まで性質かかわらず
電気を通さず、まったく水を吸わないというすばらしい性質をもっていますが
残念なことに、値段が高く成形しにくいという欠点があります。

使い道としては、電気の高度絶縁材料として
宇宙科学の発展に大きな役目を果たしているほか
化学工場のパイプやタンクの内ばり、機器のパッキングなどに
また家庭用品には、この樹脂をぬりつけた「油のいらないフライパン」などがあります。

ポリアミド

石炭または石油と空気と水を原料にして合成されますが
原料の種類によって、いろいろな性質のポリアミドをつくることができます。
合成繊維ナイロンは、ポリアミドの一種です。

性質と用途

ポリアミドは、丈夫で摩擦に強いのがいちばんの特徴で
繊維にして丈夫な靴下や織物がつくられていることは、みなさんも知っているでしょう。

また、滑りやすい性質を利用して
油のいらない歯車・戸車・かっ車などがつくられていて
金属材料のかわりに使える合成樹脂の1つです。







サブコンテンツ