一酸化炭素の性質とは?




木炭や練炭などを燃やすと
炭素原子1個と空気中の酸素原子2個とがむすびついた二酸化炭素ができます。
このとき多量の熱がでて、まだ燃えていない炭素の部分が熱せられ、赤くなります。

二酸化炭素がこの熱せられた炭素に触れると
炭素原子1個と酸素原子1個とがむすびついた
一酸化炭素という気体ができます。

空気が足りなくて、燃え方が不完全なときにも
一酸化炭素ができます。

木炭や練炭が青い炎を出しているのは
この一酸化炭素が燃えているからです。

この一酸化炭素は、色もにおいもない気体で
火をつけると青い炎をあげて燃え二酸化炭素になります。

また、強い毒性をもっていることが特徴です。

一酸化炭素が空気にまじって
肺の中に吸い込まれると、血液中のヘモグロビンとむすびつきます。

ヘモグロビンは、酸素とむすびついて
酸素を体の各部にくばる大切なはたらきをしているものです。

しかし、一酸化炭素がヘモグロビンとむすびつく力は
酸素の場合に比べて、非常に強いのです。

しかも、できた一酸化炭素ヘモグロビンは
酸素を運ぶはたらきを失ってしまいます。

それで、空気中に一酸化炭素が0.1パーセント以上あると
私たち人間は死ぬといわれています。







サブコンテンツ