弱塩基と強塩基とは?

弱塩基と強塩基

酸に弱酸と強酸があるように、塩基にも弱塩基と強塩基とがあります。




アンモニア水のように、一部分しか電離をおこさない塩基は
水酸イオンを少ししかつくらないために
塩基性が弱く弱塩基とよばれます。

水酸化ナトリウムのように、ほとんど全部が電離する塩基は
水酸イオンをたくさんつくるために塩基性が強く、強塩基とよばれます。

強塩基には、水酸化ナトリウムのほか
水酸化カリウム・水酸化バリウムなどがあります。

水酸化カルシウムは水に溶けにくいので
その水溶液は弱い塩基性しかしめしません。

一酸塩基と多酸塩基

塩基は、化学式の中にふくまれる水酸基の数によって
酸と同じように一酸塩基と多酸塩基に分けられます。

また、多酸塩基は、水酸基の数によって
二酸塩基、三酸塩基に分けられます。

二酸塩基は水酸基が1つのもので
水酸化ナトリウム・水酸化カリウムなどがあります。

多酸塩基は、水酸基を2つ以上もつもので
水酸化バリウム・水酸化カルシウムのは二酸塩基です。







サブコンテンツ