混合物の分離とは? 

物質は、常に純粋な形で存在しているとは限りません。
むしろ、混合物となっている場合のほうが多いものです。

そこで混合物から、必要とする物を純粋な形で取り出したり
混合物が何種類の物質からできているかを調べることが必要になってきます。

これらの混合物から、純粋な物質を分離するにはどんな方法があるかを調べてみましょう。




ふるいによる分離

粒の大きさの違う2種類の個体が混合しているような場合は
ふるいによってふるいわけます。

比重の違いによる分離

水よりも比重の大きなものと小さなものが混合しているような場合は
混合物を水に入れてかきまわすと2つの物質が分離できます。

また、水の代わりに、濃い食塩水の中に入れて
浮くものと沈むものとに分離する方法もあります。

さらに、金属の選鉱などのように
水の泡の表面に物質をつけて浮かばせる方法もあります。

ろ過による分離

水などの液体の中に、砂や粘土などの溶けない物質が
混合している場合があります。

このような場合は混じっている粒の大きさによって
布を使って分離したり、ろ紙を使ってろ過したり
さらにもっと目の小さいろ過装置を使ったりして分離することができます。

①ろ紙によるろ過の方法

②吸引ろ過による方法

普通のろ過では大変ろ過しにくいもの
ろ過の速度をできるだけ早くしたいときなどに用いられます。

③保温した状態でろ過する方法

常温では、すぐ固体となってしまうような物質をろ過する場合に利用されます。
普通、保温ろうとを使いますが下の図のような方法でも、保温ろ過することができます。

0607



抽出による分離

固体の混合物に、溶媒を加えて溶媒にとける成分だけを溶かし出し
ろ過して分離する方法があります。

落花生や大豆を小さく砕いて試験管に入れます。
これにエーテルを加えて栓をし(コルク栓をビニル布で包んでで使う)よく振ります。

すると、落花生や大豆に含まれていた脂肪はエーテルに溶けますから
溶媒の部分だけを、時計皿に移し、風通しのよいところに置くと
エーテルは蒸発し、あとに脂肪が残ります。

このような方法を、抽出といい、これを、自動的に行うには
ソックスレーの抽出器というものを使うと便利です。

フラスコの中に、エーテルなどの溶媒を入れ
円筒ろ紙の中には、大豆などを細かく砕いたものを入れます。

フラスコを、ウォーターバスで温めると
蒸気になったエーテルは
図のAの管を通って冷却器に行きます。

ここで蒸気は冷やされ、液体となって
円筒ろ紙の中に落ちます。

このとき、エーテルは脂肪を溶かし
サイホンの高さ(図のB)まで溜まると
自動的にフラスコの中に流れこむようになっています。

このことが、何回もくり返されると
脂肪は、大部分がフラスコの中に移りますから
エーテルを蒸留して、脂肪を分離することができます。







サブコンテンツ