還元剤とは? 還元作用をする物質とは?

還元剤

還元作用をする物質、すなわち他の物質から酸素を奪ったり
他の物質に水素や電子を与えるはたらきをする物質を還元剤といいます。




炭素

コークスや木炭などの炭素は金属の酸化物などから酸素を奪い
金属に還元するはたらきがあります。

これを利用して、鉄鉱石(酸化鉄)から鉄を取り出す製練などが行われれます。

一酸化炭素

一酸化炭素は炭素が酸化されたものですが
さらに酸素と反応して二酸化炭素になることができます。
すなわち、還元作用があるわけです。

炭素のところで述べた鉄の製練の場合も
鉄鉱石を還元するのは炭素だけではなく
むしろそのとき同時にできる一酸化炭素が主に還元作用をしているのです。



ホルムアルデヒド

常温では刺激性のにおいのある気体ですが
水に溶かしたものはホルマリンとよばれています。

硝酸銀の水溶液に、液が透明になるまでアンモニア水を加えたものに
ホルマリンを加えると、銀が還元されて析出し器の内面に銀がつきます。

これは銀鏡反応といわれる反応で
ホルマリンにかぎらず還元作用のあるぶどう糖などでもこの反応がおこります。

そのほかの酸化・還元剤

前にあげたもののほかに酸化剤としては
濃硫酸・重クロム酸カリウム・塩素・ヨウ素・二酸化マンガンなどがおり
還元剤としては二酸化イオウ・硫化水素・亜硫酸ナトリウム・シュウ酸などがあります。

ここで、ちょっと注意しなければならないことは
酸化剤や還元剤は、それぞれ酸化・還元の作用の強さに違いがあることです。

強い酸化剤と弱い酸化剤とが反応し
弱い酸化剤が強い酸化剤によって酸化される
すなわち弱い酸化剤が還元剤としてはたらくことがあります。

ふつう、酸化剤としてはたらく過酸化水素は
過マンガン酸カリウムにたいしては還元剤として作用します。

また、還元剤である二酸化硫黄が
硫化水素と反応すると、二酸化硫黄は酸化剤としてはたらきます。







サブコンテンツ