金属の種類とは? 金属とさびの関係とは?

重金属と軽金属

比重が四より小さい金属を軽金属といい、比重が四より大きい金属を重金属といいます。

軽金属のうちでも、とくに比重が小さいものとしては
リチウム(0.534)・カリウム(0.86)・ナトリウム(0.97)などがあります。




また、カルシウム(1.54)・マグネシウム(1.74)・アルミニウム(2.69)なども軽金属です。

重金属のうち、とくに比重が大きいものとして
オスミウム (22.5)・イリジウム(22.5)・白金(21.37)・レニウム(21.2)・タングステン(19.1)・金(19.3)などがあります。

また、銅(8.93)・銀(10.5)・亜鉛(7.12)・カドミウム(8.64)・水銀(13.55)なども重金属にはいります。(かっこ内は比重)

貴金属

貴金属とは、金・銀や白金族金属(白金・イリジウムでオスミウム・パラジウムなど)のような金属をさします。

貴金属は、空気中で熱しても酸化されません。
また、化学変化をうけず、きわめて美しい金属のつやと色とをもっています。

また、貴金属は世界中どこでも、非常に産出量が少なく
したがって、値段も高くなります。
貴金属にたいして、貴金属以外の金属を卑金属といって区別することがあります。

さびのでき方

鉄・銅・アルミニウムなどの金属は、空気中の酸素や水分のはたらきをうけて
表面に、その金属の酸化物や水酸化物などの膜ができます。

この膜をさびといいます。
さびのでき方は、その金属によって多少違います。
それぞれの金属のさびについては、そこ金属の性質を調べる時に
いっしょにくわしく調べます。



さびの利用

金属のさびは、悪いもののように思われていますが
さびでも使い方によっては、役に立つものがあります。

たとえば、鉄を空気中で熱すると、表面に黒いさびができます。
これは、黒さびとよばれるもので、黒色の四三酸化鉄です。

四三酸化鉄は、うすい酸に溶けにくく
また、塩素のような激しい反応性をもった気体とも反応しにくい性質があります。

したがって、あらかじめ黒さびをつくっておくと
それ以上鉄がさびるのを防ぐことができます。

いっぽう、鉄の赤さびにふくまれている酸化第二鉄はベンガラとよばれ
顔料(白または色のついた細かい粉で、水や油に溶けずペンキや絵具の原科になる)として使われたり、宝石をみがくために使われます。

また、銅の緑色のさびは、ロクショウといわれて有毒なものですが
緑色顔料の一種として利用されています。

さびの防ぎ方

金属のさびは空気中や水中などで金属の表面が変化して
酸化物や水酸化物・炭酸化物などが膜になってできたものです。

したがって、これをふせぐためには、さびのできるもとをなくせばよいわけです。
つまり、金属の表面を空気や水や酸などに、直接触れないようにすればよいのです。

そのためには、金属の表面にほかの物質の膜をはるのがよい方法です。
たとえば、メッキをしたり、塗料をぬったり、油類をぬったりして、さびを防いでいます。

また、ホウロウびきの器具も、鉄の下地にうわぐすりをつけたもので
さびを防ぐのに役立っています。

さらに、金属の表面に、まえに調べたように
あらかじめ、さびをふせぐためのさびをつくっておくのもよい方法です。

このように大がかりな方法でなくとも金属の表面から
湿気をよくふきとっておいたり、油紙につつんで湿気をふせいだりするだけでも
ある程度さびをふせぐことができます。







サブコンテンツ