人工衛星と有人衛星が開発されたのはいつ頃?

国際地球観測年がはじまるまえにアメリカとソ連は
人口衛星による観測計画を発表しました。

この両国の競争では、ソ連のほうが先に人工衛星(スプートニク1号)の
打ち上げに成功しました(1957年)。

人類史上はじめて、人工の月(人工衛星)が打ち上げられたことにより
いよいよ宇宙時代がはじまったのです。




その後、アメリカも人工衛星の打ち上げに成功
またイギリス・カナダ・フランスなどもそのあとを追い
今日までに打ち上げられた人工衛生の数は
もう1000個以上にになっていると思われます。

これらの人工衛生の中には、ソ連のルーニク3号のように
私たちがいままで見ることができなかった月の裏側の写真を撮り
地球上に電送してきたものもあります(1959年打ち上げ)。

またアメリカのタイロス1号(1960年打ち上げ)のような気象観測用の衛生
またテレビや電話の中継をする静止衛星(1963年打ち上げのシンコム1号)もあります。

さらに、ソ連の金星1号(1961年打ち上げ)火星2号(1962年打ち上げ)
アメリ力の金星科学調査衛生マリナー2号(1962年打ち上げ)や
最初の火星写真を電送してきたマリナー4号(1964年打ち上げ)などのように
金星・火星のような、ほかの惑星の探査に乗り出したものもあります。

しかし、宇宙時代も象徴する、最も目覚ましい出来事は人間の乗り込んだ
人工衛星、有人衛星の打ち上げ、そして地上への回収の成功でしょう。

この分野でも、まずソ連が成功しました。
1961年、ユーリー=ガガーリン少佐の乗り込んだ
ボストーク1号が地球を1周して無事地上に帰り着き
ガガーリン少佐は宇宙飛行士第1号になったのです。

この年、同じくソ連のゲルマン・チトフ少佐が地球を17周することに成功しました。



アメリカでは、ようやく1962年、ジョン・ダレン中佐のマーキュリー衛生船による
地球3周が最初の成功になりました。

その後もアメリ力とソ連の有人衛生の競争は激しくなりました。

たとえば1963年にはソ連のテレシコワさんがボストーク6号で宇宙飛行に成功
世界初の女性宇宙飛行士になり
1964年には同じくソ連の3人乗り宇宙船ボスホート1号が飛行に成功
さらに1965年に打ち上げられたボスホート2号では
レオーノフ中佐が初の宇宙遊泳
(軌道飛行中の宇宙船から、命綱をつけて船外、つまり宇宙空間に出て
作業をしてみること)に成功しました。

いっぽう、アメリカでは1965年
ジェミニ6号とジェミニ7号が宇宙でのランデブー
(接近していっしょに飛行を続けること)に成功し
ジェミニ7号は2週間飛行を続けるという史上最長時間の宇宙飛行に成功しました。

また1966年にはジェミニ8号が史上最初のドッキング(宇宙空間)で
衛星船どうしをつなぎあわせること)に成功しました。

1968年、アメリ力の打ち上げたアポ口8号は、3人の宇宙飛行士を乗せて
人類史上はじめて、月をまわって帰ってきました。
人類がはじめて、肉眼で直接月の裏側を見たわけです。

その後、人間を月に送り届けることが目的であるアメリカのアポロ計画は
ちゃくちゃくと進行し、1969年の3月には、アポロ9号が
地球をまわる軌道の上で、月面着陸船を積んで
ランデブー・ドッキング・宇宙遊泳などをおこないました。

さらに5月には、アポロ10号が、月をまわる軌道に乗り
月面からわずか15キロメートルの高さにまで近づき
月面の写真撮影などをおこないました。

このような準備を積み重ねたうえで、1969年、7月21日、アポロ11号に乗った
アームストロング・オルドリン・コリンズの3人の宇宙飛行士のうち
アームストロング・オルドリンのふたりが、月面に降り、月の岩石を採集しました。







サブコンテンツ