アンテナとアースのしくみとは?

放送局では、強い電波を送り出すために
大仕掛けなアンテナとアースを使っています。

空中を伝わってきた電波を受けるにもアンテナとアースが必要です。




アンテナには、ふつう、銅線が使われます。

電波がくるとアンテナには
電波の周波数と同じ周波数の高周波電流ができます。

この電流は、アンテナの形や大きさによってかわりますが
たいてい地上からの高さが高いほど強く
水平な部分が長いほど強くなります。

感度のよいラジオ受信機では
室内に、アンテナ線を少しはるだけでよいようです。

アンテナにできた高周波電流は
ラジオの入り口であるアンテナ同調コイルを通って
アース線から地面に伝わっていきます。

ですから、アース線も電気をよく伝える銅線でつくり
湿った地面に埋めた銅の板に、よくはんたづけしておかなければなりません。

アンテナ線は、はだか線でも、被ふく線でもよいのですが
ラジオ受信機に入る途中で、立木や、軒先などにふれると
高周波電流が逃げます。

ですから、ところどころに、がいしを使って
止めておかなければなりません。

近頃のラジオ受信機にはμアンテナというものを
器械の中に備えたものが多くなりました。

このアンテナは、写真のような、5~15センチほどの
ダストコアに電線をまいたもので
これだと、とくにアースがいらないので便利です。

それで、ポータブルラジオには、たいてい、μアンテナが使われています。

しかしμアンテナは、その向きによって
電波の受け方(指向性)が違いますから
ラジオをおく向きに気をつけなければなりません。

テレビジョン受像機に使われる電波の波長は
ラジオの電波より短く、3メートルぐらいです。
このような電波をうけるには、ダイポールアンテナが使われます。

これは、全長が電波の波長の半分の長さか
波長と同じ長さになるようにすると、電波がよくうけられます。
アンテナと受像機の間に、フィーダーでつなぎます。

波長が、もっと短い極超短波になると
おわん形をしたパラボラアンテナや
使い道によっていろいろな形のアンテナが使われます。







サブコンテンツ