ラジオ受信機のしくみと種類とは? 受信のしくみとは?

ラジオ受信機

ラジオ受信機には、かんたんな鉱石ラジオ受信機
(ほとんどがゲルマニウムダイオードを使っている)をはじめ
ふつうの中波放送のほかに短波放送やFM放送が聞かれるものまで
たくさんの種類があります。




鉱石ラジオ受信機

まず、鉱石ラジオ受信機について調べてみましょう。
図はその配線図です。

bandicam 2015-04-20 17-14-19-803-min

電波はアンテナから入り、同調コイルを通ってアースヘ出ていきます。
同調コイルとバリコンの組みあわせで、聞きたい放送の電波を選びだします。

そこで、ゲルマニウムダイオード検波器を通すと
電流の強さが音波の形をした2方向だけの高周波電流がえられます。

さらにレシーバーとコンデンサーをつなぐと、音が聞こえてきます。
鉱石ラジオ受信機は、電波が強いところではよく聞こえますが
弱いところでは真空管やトランジスタを使ったラジオ受信機がいります。

三球ラジオ受信機

3本の真空管を使って放送を聞くようにしたラジオ受信機を
三球ラジオ受信機と言います。

弱い電波を受けて、大きな音ではっきり聞くためには
アンテナから取り入れた高周波電流を充分強めてやらなければなりません。
これを、増幅すると言います。

三球ラジオ受信機では、まずアンテナから取り入れた
高周波電流の中から、アンテナ同調コイルと
バリコンの組みあわせで放送を選びだします。

これを検波管で検波すると音声電流が取り出せます。

これを同じ真空管で増幅し、つぎの低周波増幅管によって
スピーカーを鳴らすことができるように増幅して、スピーカーへ送ります。

三球ラジオ受信機は、鉱石ラジオ受信機よりやや込み入っていますが
原理は同じです。
残りの1本の真空管は整流管で
他の真空管のはたらきに必要な高電圧の直流をつくる役目をします。

五球スーパーラジオ受信機

三球ラジオ受信機と同じように
アンテナから取り入れた高周波電流の中から
アンテナ同調コイルとバリコンの組みあわせで、放送を選びだします。

周波数変換管は、選びだした周波数を
常に455キロヘルツの中間周波数をもった高周波電流にかえます。
こうすると、さらに大きく増幅することも、かんたんになるのです。

中間周波増幅管で増幅された電流は
検波増幅管でまず検波さか、音声電流が取り出され再び増幅されます。

増幅された音声電流は、最後の真空管の低周波増幅管によって
スピーカーを鳴らすことができるように増幅して送られます。

五球スーパーラジオ受信機は、込み入っているようですが
鉱石ラジオ受信機と原理は同じものです。



同調

たくさんの放送局からでた
いろいろな周波数の電波が、空中を伝わってきます。

この電波をアンテナで受けて
その中から聞きたい放送を選びださなければなりません。
これには同調回路というものを使います。

コイルとコンデンサーをつないだものに
いろいろな周波数の高周波電流を送ると
その中で、ちょうどよい周波数の高周波だけが、とくに強く振動します。
これが同調です。

コイルやコンデンサーをかえると、同調する周波数がかわり
違う周波数の電波を、強く受けることができます。

ふつうのラジオ受信機では、コンデンサーの大きさ(電気容量)を
かえて、いろいろな周波数の電波に同調させます。
このようなコンデンサーをバリアブルコンデンサー(バリコン)と言います。

また、コイルの中にダストコアという鉄の合金の細かい粉を
絶縁物でかためた芯をさしこんで、同調する周波数をかえるものもあります。

いちばんかんたんな鉱石ラジオ受信機では
コイルの途中からタップという線を何本もだし
それらにバリコンを適当につなぎかえて同調周波数をかえることもあります。

検波・増幅

選びだされた高周波電流は、レシーバーに通しても音声にはなりません。
その中から、音声電流をとりださなければなりません。
これが検波です。

鉱石ラジオ受信機の音声電流は、非常に弱いので
そのままでは、スピーカーを鳴らすことはできません。

三球ラジオ受信機では、検波されたばかりの音声電流は弱いので
真空管を使って、充分強くします。
これが低周波増幅です。

五球スーパーラジオ受信機では、高周波電流を一度別の周波数
(中間周波数)の電流にかえ、増幅してから検波し
音声電流を取り出します。

これを2つの真空管で増幅し、スピーカーを鳴らします。

とくに感度のよいものでは、アンテナから取り入れた高周波電流を
そのまま増幅します。
それを、高周波増幅と言います。
それから中間周波にかえ、増幅してから検波します。







サブコンテンツ