「動物の体」の記事一覧

動物の刺激に対する反応と運動のしくみとは?

lala_426720140921153047500-min

刺激に対する反応 動物の体は、いろいろな刺激を受け取るのに 都合のよいしくみになっている感覚器官をもっています。 それらの感覚器官を通して体の内外に起こる いろいろなものの変化の様子を知ることができるようになっています。・・・

ハマグリ・タカラガイ・イカ・ミズクラゲの体のつくり、しくみとは?

bandicam 2015-05-04 08-29-03-671-min

ハマグリの体のつくり 二枚貝には、左右の貝殻を結びつけている、靭帯があります。 また、そこに小さな歯があって2枚の貝殻が、 うまくかみあわさるようになっています。 貝殻に、メスを静かに差し込み、貝柱をきり 貝を開くと貝の・・・

蚊・トンボ・ザリガニ・ミミズの体のつくり、しくみとは?

bandicam 2015-05-04 08-20-36-086-min

蚊の体のつくり カの口は細長い管になっていますが、 これは、上下のくちびる・舌・大あご・小あごのかわったものです。 のどに続いて食道のう・えさぶくろ・胃・腸・直腸などがあります。 胃と腸のさかいめのところに、ひものような・・・

ヒトデ・ウニ・バッタとミツバチの体のつくり、しくみとは?

bandicam 2015-05-04 08-11-53-907-min

ヒトデの体のつくり 消化器官のひとつである口は、腹側の中央にあります。 口に続く食道は、細くて短く、これに続く胃は大きくて 腹のほうについているふん門胃と背のほうについている ゆう門胃とにわけられます。 ふん門胃は、5つ・・・

ネズミ・ニワトリ・カエル・フナの体のつくりとしくみとは?

bandicam 2015-05-04 08-05-54-888-min

ネズミの体のつくり ネズミには、胆のうや気のうがありません。 腹を切り開くと横隔膜で腹の中が2つの部分にわけられているのがわかります。 横隔膜のすぐ下に、大きな暗赤色をした、肝臓があります。 すい臓は、胃の背中よりの左側・・・

動物の触覚とは? 神経と脳のしくみとは?

stock02-min

皮膚による感じ 皮膚では、ものに触れたこと、熱さ、冷たさ、痛さなどを感じます。 くわしく調べてみると、これらの感じは皮膚のどこにでも 感じるのではなくて、それぞれを感じとる場所が、 ほうぼうに散らばっているのがわかります・・・

動物がにおいを嗅ぐしくみ、味を感じるしくみとは?

8f751390-d588-11e3-8b94-0a191cb3e685-min

脊椎動物の平こう器 獣・鳥・ヘビ・カエルなどは体のつりあいを保つために 平こう器をもっています。 これらの動物の平こう器は、三半規管というもので、 そのしくみは人間の三半規管とあまりかわりません。 ネコを逆さまにして落と・・・

動物が音を感じるしくみとは? 音を出すしくみとは?

TSJ93_iyahon20150208134908500-min

動物で音を感じるのは、獣・鳥・魚などの脊椎動物と昆虫たちです。 脊椎動物の耳 獣たちの耳は、外耳・中耳・内耳からできていて 人間の耳のしくみと、あまり、かわりません。 外耳は、ふつう耳といっている耳殻と 耳の穴といってい・・・

動物の目のしくみとは? 光を感じるしくみとは?

PAK85_lalamushimegane20140321500-min

たいていの動物は、目をもっていて、いろいろなものを見ることができます。 これは、目が光を感じるしくみになっているからです。 獣の目 脊椎動物の目は、人間の目と、つくりが、あまりかわりません。 しかし、モモンガ・メガネザル・・・

心臓のしくみとは? 血液のはたらきとは?

2013125280043-min

心臓のつくり 心臓は、血液を送りだすポンプのようなものです。 いつも伸び縮みしていて、血液を体のすみずみにまで送っています。 そのつくりは、獣・ヘビ・カエル・魚の順に、かんたんになります。 獣や鳥の心臓は、人間と同じく ・・・

1 / 212
サブコンテンツ