「星座の観察」の記事一覧

プラネタリウムの歴史とは?

プラネタリウムの歴史 世界で最初にプラネタリウムをつくったのは ドイツのカール=ツァイスという光学会社のバウエルスフェルト博士です。 これが、はじめてミュンヘンの博物館に 取り付けられたのは1923年10月のことでした。・・・

プラネタリウムのしくみとは?

星をうつす機械 プラネットというのは、惑星という意味です。 つまりプラネタリウムとは太陽のまわりを まわっている星をうつし出す機械ということです。 1920年ごろ、ドイツで、はじめてプラネタリウムがつくられたころは 惑星・・・

おおいぬ座・こいぬ座・うさぎ座・はと座・アルゴ座とは?

おおいぬ座 三つ星をむすんだ直線を、南東(左ド)へ伸ばしていくと 青くらんらんときらめく一等星に届きます。 これがシリウスで、空に21しかない一等星の第一位です。 中国では天狼(天のオオカミ)、日本では「あおぼし」といい・・・

オリオン座・エリダヌス座とは?

オリオン座 これは、四季から通じても、いちばん立派な星座です。 「すばる」が高くなると、真東から 縦一文字に昇ってくる、3つ星が目印になります。 オリオンは、ギリシア神話の・狩人で、3つ星は玉の帯びです。 それを囲む4つ・・・

おうし座・ぎょしゃ座・ふたご座とは?

冬の星座 冬は空気が澄んでいるので、星がいちばんはっきり見える季節です。 秋に見たペガサスの大方形は天馬の頭を下にして西に沈みかけ カシオペアのWも、ケフェウスの家の形も、大の川の中で傾き 北東の地平線からは、北斗七星が・・・

カシオペア座・ケフェウス座・ペルセウス座とは?

カシオペア座 北の天の川の中で、二等・三等の5つの星が 鮮やかなMの字をつくっているのが、カシオペア座です。 9月ごろ、まだ東から昇ったばかりの ときは、Wの字に見えるので、W星とよばれます。 日本の名は「船のいかりぼし・・・

アンドロメダ座・さんかく座・おひつじ座・うお座・くじら座とは?

アンドロメダ座 星図では、半分ほど北の空にかかっている星座です。 ペガサスの大方形の、北東のかどの二等星から 二等・三等の星が4つ、一列に続いていて、大方形とともに 大きな北斗七星の形になっています。 その3つの二等星か・・・

やぎ座・みずがめ座・みなみのうお座・ペガサス座とは?

秋の星座 秋になると、夜空に流れる天の川が、南から西に向きをかえ 星座の位置も、夏とはすっかりかわってきます。 おりひめは北両に傾き、ひこぼしは南西にうりつり はくちょう座の大十字は西の空に、まっすぐにたちます。 へびつ・・・

はくちょう座・や座・いるか座・りゅう座とは?

はくちょう座 おりひめと、ひこぼしの間の天の川の中で 5つの星が立派な十字形を描いています。 これを白鳥が長い首を伸ばし、翼を広げて飛んでいる姿と見て はくちょう座とよんでいます。 また南半球にある有名な南十字星にたいし・・・

いて座・わし座・こと座とは? 七夕の由来とは?

いて座 さそり座の東(左)の天の川の中で、5つの星が弓に矢をつがえて サソリを狙っている形に見えます。 これが、いて座です。 弓の頭の星を入れて、6つの星が小さいひしゃくの形にならんでいるのが、 弓を射る半人半馬の体です・・・

1 / 212
サブコンテンツ