「金属」の記事一覧(2 / 3ページ)

金と銀の性質と用途とは?

金の性質 金は、非常に安定した元素なので、ほかの元素とあまり反応しません。 したがって、天然にも、自然金として単体のまま存在しています。 金と他の鉱物の比重の違いを利用して、水中でとり分ける方法と 金をふくむ鉱石を細かい・・・

銅の合金とは? 白銅・黄銅・青銅・洋銀とは?

銅は、いろいろな金属とよくまざり いろいろなすぐれた性質をもつようになりますので、合金として使われます。 ここでは、銅の合金について、くわしく調べてみましょう。 金と銅の合金 純金は、非常に柔らかいので、ふつう銅をまぜて・・・

銅の性質と用途とは?

銅の性質 よくみがかれた銅は輝きのあるつやをもった肉色の金属です。 みがかない銅が、うす黒い色をしているのは 銅の表面が硫化物や酸化物に変かしいるからです。 銅は、電気や熱の良導体です。 また、延性や展性にとんでいるので・・・

銅の取り出し方とは? 銅の選鉱とは?

銅の鉱石 銅は、自然銅として産出することもありますが ふつうは、銅の鉱石として産出します。 おもな銅の鉱石には、赤銅鉱のクジャク石・輝銅鉱・黄銅鉱などがあります。 銅鉱石は、アノリカ合衆国・カナダ、南アメリカのチリ アフ・・・

ニッケルとコバルトの性質・用途とは?

ニッケルの性質 ニッケルは銀白色の金属で、展性・延性があります。 また、強い磁性があり、左の表のような物理的性質をもっています。 二ッケルは鉄と違って常温では空気中に そうとうの湿り気があってもほとんど変化しません。 熱・・・

鉄の合金とは? 鋼とは?

鋼 鉄のうち、炭素をふくむ量が純鉄より多く銑鉄より少ないものを 鋼、または鋼鉄・鋼などといいます。 鋼の炭素をふくむ量は0.035~1.7パーセントぐらいですが 0.1パーセント以上のものがふつうです。 鋼はまた炭素のほ・・・

鉄の化合物とは? 鉄の用途とは?

鉄の化合物 鉄の化合物は、鉄イオンの酸化状態から 二価の鉄イオンの化合物である第一鉄化合物と 三価の鉄イオンの化合物である第二鉄化合物とに分けることができます。 酸化第二鉄 Fe2O3 鉄のさびの主な成分で、三二酸化鉄と・・・

鉄の性質とは? 軟鋼と銑鉄とは?

鉄の性質 鉄の性質は、ふくまれている不純物の種類と量によって、いろいろと違ってきます。 とくに、鉄にふくまれる炭素は、その量によって 鉄の性質をいろいろとかえるはたらきをします。 ここでは、純粋な鉄について、その性質を調・・・

鉄鉱石とは? 溶鉱炉とは?

鉄鉱石 鉄は、地球上のあらゆる場所の、岩石や砂・粘土などにふくまれていますが 実際に鉄をとりだすことのできる鉱石、つまり採算のとれる鉱石の種類は それほど多くありません。 代表的な鉄鉱石には 赤鉄鉱・磁鉄鉱・かっ鉄鉱・炭・・・

冶金とは? 吹管分析とは?

冶金 ふつう、天然にとりだされる鉱石から金属をとりだすことを冶金といいます。 また、金属を製練したり、合金をつくったりして金属材料をつくることを 冶金ということもあります。 冶金は、その方法によって、化学冶金と物理冶金に・・・

2 / 3123
サブコンテンツ