「動力と機械の進歩」の記事一覧

ガスの爆発を利用する機関が発明されたのはいつ頃? ホイヘンスってどんな人?

Christiaan_Huygens-painting-min

ホイヘンス 1680年、オランダのホイヘンスは 「蒸気の力を動力に使えるなら、ガスが爆発するときの力も動力にかえられるだろう」 と考えました。 それから10年経ってパパンはガス機関をつくろうとしましたが、うまくいきません・・・

蒸気機関が誕生したのはいつ頃? ワットの蒸気機関とは?

133762915353013112238_img9011-min

人間の力のかわりに、自然のエネルギーを動力に利用しようという考えがおこり これは大きな2つの流れとなって発展しました。 1つは電気エネルギーの利用です。 もう1つは、蒸気機関・内燃機関・ジェット機関のような熱機関です。 ・・・

工場が誕生したのはいつ頃?

DSCN0971-min

動力を待つ機械 何台もの機械を、1つの大きな建物の中に備えつけ 大きな動力でいっぺんにまわしたらどうだろうと発明家たちは考えました。 これをはじめておこなったのは、イギリス人のリチャード・アークライトでした。 アークライ・・・

機械が誕生したのはいつ頃? 機械の母とは?

d902786f45b76a60fae1895ae24b5779-min

水車と風車の発明 紀元前100年ごろギリシアの詩人アンティバトロスの詩に、つぎのような一節があります。 水車が発明されたとき、古代人がどんなに喜んだか、この詩によくあらわれています。 いまは突くことを止めよ 石うすではた・・・

サブコンテンツ