カロリーとは? 熱量素とは?

食べ物のは、体の中で変化して熱や力になります。
このときにでる熱や力の量は、カロリーであらわされます。

栄養学において、1カロリーとは、1キログラムの水の温度を
摂氏1度だけ上げるのに必要な熱の量のことです。




熱量素

カロリーのもとになる栄養素は、炭水化物・脂肪・たんぱく質の3つで
これをまとめて熱量素といいます。

1グラムについて、炭水化物とたんぱく質が約4カロリー
脂肪が約9カロリーの熱をだします。

これからもわかるように、脂肪は炭水化物やたんぱく質にくらべ
2倍あまりも余計に熱をだします。

自動車は、ガソリンを燃やして走ります。
私たちの体も、これと同じように、熱量素を変化させて、力のもととします。

この力が、筋肉や体を動かすもととなります。

カロリーの必要量

私たちが生きていくためには熱や力のもととして、たくさんのカロリーが必要です。
1日に、どのくらいのカロリーをとればよいかはいろいろな場合で違います。

私たちが、はたらけばはたらくほどたくさんのカロリーが必要となります。
ちょうど、自動車を長く走らすほど、たくさんのガソリンがいるのと同じわけです。

カロリーがいちばんいらないのは、じっとして寝ているときです。
このときのカロリーは、心臓や呼吸のための筋肉などがははたらく力や
体温を一定に保つための熱に使われます。

また、体重の多い人、体の大きい人は
体重の少ない人、体の小さい人よりも、たくさんのカロリーが必要です。

男と女では、男のほうが、たくさんカロリーをとらなければなりません。
これは男のほうが、体が大きいことと、よく動くために
たくさんのカロリーを必要とするからです。

夏と冬をくらべると、冬のほうがたくさんカロリーをとらなければなりません。

また、年令によっても違います。
育ちざかりの子どもと、成長してしまった大人とでは
体重1キロあたりのカロリーの必要量がずいぶん違います。







サブコンテンツ