特徴的な動物の巣 カヤネズミやヒメネズミ、スゴモリアマガエル・グーラミィの巣とは?

育児用の巣

これまで述べた巣は、もちろん育児用にも使われますが、
ここで述べるのは、育児用にだけ使われる巣です。

このような巣は非常に多くの動物がつくるので、
ここでは、そのうちの代表的なものだけを説明することにしましょう。




カヤネズミやヒメネズミの巣

獣で、育児用の巣をつくるのは
カヤネズミやヒメネズミぐらいたものでしょう。

カヤネズミは、日本のあたたかい地方のカヤや、
カヤツリグサなどがたくさんはえたところにいます。

小さなキツネ色のかわいいネズミで、
ふだんは、ほかのネズミのように地下に穴を掘って住んでいます。

しかし、子を育てるころになるとカヤなどの
茎の地上1メートルぐらいのところにウグイスの巣によく似た巣をつくります。

巣はカヤの葉を縦に細かく裂き、それをまとめて
直径8センチぐらいの球形にしたものです。

入り口は横に開いています。
そして、その中に5~9匹ぐらい子を生みます。
こんなところに巣をつくるのは
たぶん、ヘビなどの恐ろしい敵を避けるためでしょう。

ヒメネズミは、日本の森林にたくさんいるクリ色のネズミで
巣はカヤネズミの巣によく似ていますが
クヌギやクリなどの葉でつくってあります。

アリゲーターの巣

トカゲやヘビ・カエル・サソショウウオなどは、
あまり巣らしい巣をつくりません。

カメは、土に穴を掘ってたまごを生み、土をかけておくだけです。
トカゲやヘビなどは枯れ葉の下などに直にたまごを生みます。
(ただし、マムシは卵胎生で、子を生みます)

しかし、これらのものでも、
まれには、かなり、立派な巣をつくるものがあります。

たとえば、アメリカのアリゲーターというワニは
枯れ葉や草を集めて、直径2.5メートル、高さ1メートルの山をつくり
上から20センチぐらいのところに20~30個のたまごを生みます。

そして、めすはそばにいて、たまごをまもっています。



モリアオガエルの巣

モリアオガニルは、日本の山地に住むカエルで
白い泡て包まれたたまごを水辺の木の上に生みます。

そして、その泡の中でオタマジャクシがかえり、
しばらく中で泳いでいますが、やがて泡が破れて
オタマジャクシは下に落ち、水の中に入ります。

スゴモリアマガエルの巣

南アフリカに住むスゴモリアマガエルは
浅い池に泥で噴火口のような巣をつくります。

おすガエルは、池の底の泥を前足で掘って輸のような形にし
水面の上に10センチぐらいでるまで積み上げます。

輪の直径は30センチぐらいです。
これができあがると、鳴いてめすをよび、たまごを生ませます。

たまごからオタマジャクシがかえると、
この輪の中で大きくなり小さなカエルになってから
はじめて外に出るのです。

このような輪の中には、オタマジャクシを食べる水生昆虫や、
そのほかの小さい動物が入れないのでオタマジャクシは
安全に成長することができます。

グーラミィの巣

魚は、ふつう巣をつくりませんが、なかには例外もあります。
ダーラミィは、マライ地方に住む熱帯魚で泡の浮き巣をつくるので有名です。

おすが、口の中からねばっこい泡を出し、
これをたくさん集めて巣をつくります。
この巣は、水面に浮かんでいます。

めすがたまごを生むとおすは、このたまごを口にくわえて巣の中に入れ、
巣のそばにがんばって、たまごをまもります。







サブコンテンツ