月の表面はどうなっているの? 

月の地形は、地球上にある天文台からの
観測と月ロケットによる写真撮影によって、詳しい様子がわかってきました。

とくに、月の裏側は、これまで地球から見ることができなかったのですが
月のまわりをぐるぐるまわって写真をとる
月ロケット「ルナ=オービター」号のおかげで詳しくわかりました。

写真や図を見ながら、月の表面の地形を観察しましょう。
そのまえに、月世界での方角について説明しておきます。




月の東西南北

夕方、三日月が西の空にかかっているときには「危機の海」側が細く光っています。
そこで、天文学者は「危機の海」の方向を月の西側といいます。
反対に「嵐の大洋」の方向が東側ということになります。

ところが、私たちが月世界に行ったとすると
朝、太陽の出てくるほうが東だといいたくなるでしょう。

しかし、太陽は「危機の海」の方角から出てくるので
「危機の海」のほうが東、つまり天文学者の呼び方と正反対になります。
しかし、天文学者は「嵐の大洋」の方向を東と呼んでいますから
ここでも「嵐の大洋」のほうを東と呼ぶことにします。

南と北ははっきりしています。
「雲の海」のあるほうが南半球「雨の海」のあるほうが北半球です。

月面の緯度は、地球と同じように、赤道から来たと南へ90度まではかります。

経度のほうは、月の表側(地球に向いている側)の真ん中から
東と西へはかっていきます。

ただし、天文学者のつくった月面地図は
地球の地図とは違って、難局を上にしています。

これは望遠鏡で見ると像が逆さまになって、南が植えになるからです。
宇宙科学者のつくった地図は、北極を上にしています。



月の表面の暗い模様の部分を海といっています。
水こそありませんが、太平洋の底のように、低くて平らな地形をしています。
「雨の海」は、北半球にある大きくまるい形をした海で
直径は約1200キロメートルあります。

「雨の海」のほかに「危機の海」や「晴れの海」など
月の海には、まるい形をしたものが多いのですが「雲の海」のように
まるくない不規則な形のものもあります。

海の表面はなだらかですが、ところどころに低い丘陵があります。
高さはわずか200~300メートルですが、長く伸びています。

ルナ=オービター2号のとった「嵐の大洋」には、低い丘陵があります。
まるで、海の波の化石を見ているようです。
月の海は、昔、本当にどろどろの溶岩の海であったのかもしれません。
あちこちに、まるくなだらかなドームといわれる山が見えます。
山の頂上に穴のあいているもの、穴が大きくなって
山というよりも、まるいくぼみのような地形も見えます。

この穴は、地下からガスの逃げ出したあとのようです。

レインジャー8号は、もっと近寄って「静かの海」の写真をとっています。
海の表面は一面に浅いくぼみでおおわれ
大きいくぼみは、直径が約100メートルもあります。

1967年、月の土を採取する目的であげた、アメリカのサーベイヤー3号は
自動土壌採取器でとった土を撮影しました。
いままで、月面は、厚いほこりの層におおわれていると考えられていましたが
月の表面はかたまった状態であることがわかりました。

この土が、どうしてできたかは、まだはっきりわかりませんが
太陽からの強い放射線などに叩かれて、火成岩である玄武岩のように
焼けついたようにかたくなっていると考えられます。

このことは、黒褐色した土の色からも知ることができ

ます。







サブコンテンツ