流れ星と隕石の正体とは? 流星雨・流星群とは?

流れ星

太陽系の中には、惑星や、彗星のほかに、小さい岩やちりが、たくさんあります。
これは宇宙塵といわれ、やはり太陽のまわりをまわっています。

宇宙塵が、地球の大気のなかにものすごい速さで飛び込んできて
非常な高温となって光るのが、流れ星の正体です。
流れ星といっても、空に輝いている星が落ちてくるのではありません。

1時間に見ることのできる、流れ星の数は平均10個くらいですが
毎年決まったときに、たくさん飛ぶことがあります。

これを流星群といいます。

夏、夕涼みをしていると、よく流れ星が飛びますが
これはペルセウス流星群という流れ星が大部分です。
流星群は、ほうき星の落とした宇宙塵が
地球の大気とぶつかっておこるものだと考えれています。




流星雨

流星群の中には、一夜に何千という流れ星を降らせるのが、たまにあります。
これを流星雨とよびます。
1946年10月9日の夜、北アメリカ大陸で見えた流星雨は、1時間に4000個もの流れ星を降らせたそうです。

ジャコビニ彗星というほうき星が落とした、たくさんのかけらが、地球にさしかかったものだといわれています。

火球

流れ星の中で、特別な明るく輝くものを火球といいます。
火球の明るいものに、昼間でも見えることがあります。
また、火球が爆発して、大きな音を出すことがありますが
この音は、爆発してすぐ聞こえるわけではなく、早くて5分も経ってから聞こえます。

このわけは、稲妻が見えて、しばらくしてから、雷が聞こえてくるのと同じです。

隕石と流星塵

流れ星は、たいてい地上100キロメートルあたりで光だし
80キロメートルぐらいの上空で消えてしまいます。
しかし、ときには、地上まで落ちてくることがあります。

これを隕石と言います。

隕石は、たいていは岩石ですが、中には鉄やニッケルを多くふくんだものもあります。
これは、隕鉄とよばれています。

空中を漂っている塵を調べると鉄分を多くふくんだ
数十分の1ミリぐらいの球が混ざっています。
これは流星のもえかすではないかといわれ、流星塵と名付けられています。

また、大昔の流星塵が深い海の底にたまっている泥の中から、発見されることもあります。



流れ星の電波観測

流れ星が飛ぶと、そこが電波をよく反射するようになりますので
電波を使って、いまでは昼間でも流れ星を観測することができます。

こうして、流れ星の性質がよくわかるようになりました。

黄道光

宇宙塵は、流れ星にならないときでも、太陽の光を受けて光っています。
しかし、非常に小さなものなので、とうてい、1粒1粒を見ることはできません。
ところが宇宙塵がたくさん集まって、ぼうっと光って見えることがあります。

これを黄道光といいます。

太陽の通り道(黄道)に沿って光って見えるので、そうよばれるのです。
黄道光は、光が弱いので、町の中では、なかなか見ることができません。







サブコンテンツ