海上輸送の進歩しはじめたのはいつ頃?

巨大タンカー時代

現在でも、夏の海にはたくさんのヨットを見ることができますが
このヨットは本来、帆に風をうけて海上を走るものです。
それと同じ原理の帆船は、すでに紀元前3500年もの昔から走っていたそうです。




とすると、船というものは一向に進歩しなかったのでしょうか。
そんなことはありません。
たとえば、第二次大戦中に活躍したプリンス=オブ=ウェールズ・大和・武蔵などの戦艦、
サラトガなどの航空母艦、あるいはクイーン=エリザベス号・ユナイテッド=ラアーツ号
などの豪華な客船などを思い浮かべても船が改良され、進歩していることがよくわかります。

しかし船舶界における最も目覚ましい進歩は
巨大なタンカー(マンモス=タンカー)ではないでしょうか

1960年当時、世界最大のタンカーはアメリカのユニバース=アポロン号でした。
この船は日本の造船所でつくられたものですが
なんと10万トン、ユナイテッド=ステーツ号の2倍も大きいのです。

ところがそれから数年のうちに、タンカーの大型記録は
つぎつぎと打ち破られれていくのです。

たとえば、1963年に完成した日章丸は13万5000卜ン
1964年の東京丸は15万トン、1965年の出光丸は25万5000トン
そして1971年には37万2400トンの超巨大タンカー日石丸が
日本の造船所で進水したのです。

このような巨大タンカーができるようになったのには
船の前半と後半を別々にドックでつくり
これらを洋上でつなぎあわせるといった新しい造船技術の進歩があったからです。
この技術は日本で開発されたものです。

日本の造船業は、1971年には全世界でつくられる
船の約50パーセントをつくったといわれています。



造船技術の進歩

さきに述べた洋上接合法は最も新しい造船技術ですが
ほかにもさまざまな技術的進歩がみられます。

まず第一はリベットエ法にかわる溶接法です。

リベッ卜というのは鋲のことで
古くは、それぞれの大きさに切断した鋼板や
骨格になる材料を1つ1つリベッ卜でくみ立てていましたが
溶接法の進歩により、工場内で溶接によりつくりあげた
ブロックを順にくみ立てていくという流れ作業ができるようになったのです。

また、鋼板を切り取るにも、小さな図面を光学的あるいは電子的に拡大し
そのまま自動力ッターで切り抜いていくという方法が考えだされています。

さらに船首にコブのような球状体をつけ
それがつくる波によって船体白身のつくる波を打消し
波の抵抗を弱める方法なども開発されました。

造船技術の進歩は、潜水艦や水中よく船をうみ、船の底から空気をふきだし
船と水とのあいだに空気のクッションをつくりながら進むホーバークラフトなども実現しました。

さらに、プロペラでなく飛行機のようにジェット機関を使う船も研究されていますし
原子力を利用する原子力船もすでにつくられています。







サブコンテンツ