電流計と電圧計の使い方とは?

電気の実験では、電流計や電圧計を使うことが、よくあります。

これらの使い方を誤ると、内部の線が切れたり
うまく電気が流れなかったりしますから、正しい使い方を覚えましょう。




① 電気には、直流と交流の電気があります。
電流計・電圧計には、それぞれ直流用と交流用があって
直流用のものは交流電気には使えませんし、交流用のものは直流電気には使えません。

目もり板には、図のような記号で、直流用と交流用を区別しています。

bandicam 2015-04-19 15-04-14-266-min

② 電流計は、測ろうとする回路に、直列に入れます。
これを間違えて、並列につなぐと電流計の中の線が切れます。

③ 電圧計は、測ろうとする回路に、並列に入れます。
これを直列につなぐと、回路に電流が通りません。

④ 測ろうとする電流の強さや電圧の、およその見当をつけて適当なものを使います。
たとえば、電流の強さがだいたい3アンペアとしたら5アンペア用を使います。
また電圧が10ボルトくらいならば、15ボルト用を使います。

ふつうは、1つのメーターで2、3通りに使えるようになっていて
それぞれ端子が別についてしますから、適当な端子につなぎます。

もし、およその見当もつかないときは、大きいほうの端子から順につなぎます。
反対に小さなほうからつなぐと、針がふりきって、故障することがあります。

⑤ 針が、目もりの0点にあっているかどうかを確かめます。
もしあっていなければ、0点調整のねじで訓節します。

⑥ 直流用は、端子に+記と-記号があります。
+記号のあるほうを電池の+側に、-記号のあるほうを電池の-に
必ずつながなければなりません。

交流用には、+・-がありません。

⑦ 目もり板には、上の図のようにななめにおいて使うことや
垂直において使うことをかいたものがありますから、それにしたがって使います。

⑧ 2.5級と書いてあるのは、正確さの段階をしめすもので
間違いが2.5パーセント以内ということです。

学校の実験などに使う電流計・電圧計は、2.5級でかまいませんが
もっと正確な値が必要なときは、0.5級とか、1.0級のものを使います。







サブコンテンツ