電離層とは? X線の性質と利用とは?

電離層

地球をとりまく大気中には、電波を跳ね返す層があります。

この層は、電気をもった小さな粒が
たくさん集まってできていて、電離層と言われます。

電離層は、ふつう2つの層になっていて
低いほうをE層、高いほうをF層と言います。
長波や中波はE層で反射されますが、短波や超短波は通り抜けます。

F層はE層より電波を反射するはたらきが強いので
短波はここで反射されますが、超短波は通り抜けます。

短波は、F層と地球の表面で反射されます。
それが繰り返されて、地球の裏側に伝わりやすいので
外国むけの放送などに使われます。




X線の性質

白金やタングステンのような重い金属に
非常に速い電子を衝突させると、X線がでます。

X線は光や紫外線と同じような電磁波ですが
波長がずっと短く、10ミリミクロンから、0.001ミリミクロンほどです。
ですから、他の電磁波とは、その性質もたいへん違っています。

多くの物質を通り抜け、写真フィルムを感光させたり
蛍光物質を光らせたりします。
また、物質の中を通ると、その物質に+と-の電気を帯びさせます。

これらの性質は、X線の波長によってかわりますが
波長は、衝突させた電子の速度によってかわります。

通り抜ける力の強いX線をつくるには
数万ボルトの電圧で電子を衝突させます。

X線の利用

体の内部を調べるレントゲン検査はX線を利用したものです。
ガンを治すために使われることもありますが
確実に治るとはかぎらないようです。

工業用としては、金属材料の内部の傷を検査するには
もっとも大切な方法の、1つになっています。

また、物質の内部の細かいしくみを調べるために使います。
X線をあてると内部の細かいしくみによって
通り方や、跳ね返され方が違うからです。

X線は遺伝の研究にも使われます。
X線を生物にあてると、かわった子どもが生まれることがあるので
遺伝がどのようにおこなわれるかを調べるのに役立ちます。







サブコンテンツ