「物体の運動」の記事一覧

飛行機の翼にはたらく力とは?

流れに対してななめにおいた板 川の流れや空気の流れの中に、流れに平行に板をおくと 板は流れからそれほど力を受けません。 ところが、流れに対してななめに板をおくと 流れの方向に押し流されようとしますが板の面に、垂直の力を受・・・

流れから受ける力とは? 流れの速さと抵抗とは?

流れが緩いときの抵抗 川の水の流れによって橋脚が受ける力や、風によって電柱や人体が受ける力は 水や空気の流れる速さに比例して、大きくなります。 このほか、物体の形や流れる水や空気の摩擦にも関係します。 水や空気には、摩擦・・・

振動のふせぎ方とは? ばねの利用、オイルダンパ・空気ばねとは?

ばねの利用 振動は、時計の振動のように、いろいろ役に立つことに利用されています。 しかし、いっぽうでは自転車・自動車・電車などの振動のように 私たちの役に立たないばかりか、かえって邪魔になる振動もあります。 電車などの車・・・

振動の利用とその例と特徴とは?

ふりこ時計 ふりこ時計は、ふりこの等時性を利用して、時間を測る機械です。 これを動かすエネルギーは帯のような鋼でつくったぜんまいに、たくわえられています。 ふりこの運動は、空気などの抵抗によって、しだいに弱まろうとします・・・

単振動・固有振動とは? 自由振動と強制振動とは? 振動の共振とは?

単振動 ふりこの振動のような運動を単振動と言います。 下の図のように、つるまきばねに重りをつるし、Bまで引き伸ばしてはなすと Oを中心としてAとBのあいだで振動します。 これも、単振動です。 このときは、重力と、つるまき・・・

ふりこの運動とは? ふりこの等時性とは?

[ふりこの長さと周期] 図のように、糸の先に重りをつけC点からつりさげて自然のままにしておくと 重りは重力によって、C点の真下のO点で静止します。 このときのCOの方向が、鉛直方向、つまり重力の方向です。 重りを、A点ま・・・

向心力とは? 遠心力とは?

向心力 等速円運動では、速さはかわらないが方向が絶えずかわっているので 方向をかえる加速度(法線加速度)が絶えずはたらいています。 円周上の接線と、その接点を通る半径とは 垂直に交わっているので、この加速度は。円の中心に・・・

人工衛星と重力の関係とは?

地球の引力は、高さが高くなるにしたがって、しだいに小さくなりますが 非常に高いところでないと、ゼロにはなりません。 そこで、人工衛星や月ロケットを打ち上げるには この重力に打ち勝つ方法を考えなければなりません。 人工衛星・・・

万有引力と重力とは? 万有引力の法則とは?

万有引力 ニュートンは、運動の3つの法則を使って、いろいろの力の問題を説きましたが その中でいちばん有名なのは万有引力の発見です。 ニュートンよりまえに、ドイツにケプラーという学者がいて 17世紀のはじめに惑星(水星・金・・・

力と加速度の関係とは? 力の単位とは?

力と加速度 物体に力がはたらかない場合は、慣性の法則によって、静止を続けたり 等速直線運動を続けようとしますが、それに力がはたらくとどうなるでしょう。 ニュートンは、いろいろの研究から 「物体に力がはたらくと、力の方向に・・・

1 / 212
サブコンテンツ