「地球のあらまし」の記事一覧

地球の大きさと質量とは? 地球の半径のもとめかたとは?

地球の大きさ 地球の大きさをあらわすものとしては、半径・円周・表面積・体積があります。 このうち、半径さえわかれば後のものは、半径をもとにしてもとめることができます。 エラトステネスがもとめた地球の半径 エジプトのエラト・・・

地球の形と大きさとは? 地球がまるい証拠とは?

地球の形 飛行機が世界を1周したり地球儀を見慣れている現在は 地球がまるいものだということを疑う人はいません。 しかし大むかしには、地球がまるいと考えた人はほんのわずかでした。 昔の人の考えた地球の形 大むかしは交通が不・・・

地球の内部と表面はどのようにわけられているの?

地球は、地球をとりまく大気をふくめて 大きく気圏・水圏・岩石圏と内圏の4つの圏にわけられ、これを地球の四圏といいます。 気圏 地球をとりまいている大気の部分を気圏といいます。 最近、人工衛星やロケットの発達によって地球か・・・

地殻が生成されたのはいつ頃? 海と大陸の誕生はいつ?

潮汐説 地球は、地殻というからができて、はじめて地球と呼べるようになったといえます。 地球が潮汐説の説明のように太陽からわかれてできたものだとすると はじめのどろどろな火の玉の時代に、すでに地球の内部では、重い物質は沈み・・・

隕石が集まった地球 隕石説とは?

改められた考え方 太陽系のような星の集まりに決して珍しいものではないので 潮汐説のように、起こりにくいことを仮定する考えかたにあてにならなくなりました。 太陽系は、自然にできあがったものと考えるほうが正しいのです。 その・・・

太陽から飛出した地球 ジーンズの潮汐説とは?

考え方の狙い 地球は太陽系ができたとき、ほかの惑星といっしょに誕生しました。 その地球の上に、山や川ができ、生物が生まれ、やがて、人類があらわれてきました。 ですから人間は、ひとりとして、地球の誕生を見たもはいません。 ・・・

デカルトとビュッフォンの説の違いとは? ケプラーの法則とは?

太陽と地球の間柄 神話には、実際に起こりそうもないことや、理屈にあわないことが述べられています。 しかし16世紀に、コペルニクスが地動説をたててから、科学はぐんぐん進みました。 地球の誕生についても、だいぶ科学的な考えか・・・

地球の誕生にまつわる神話とは?

神話の中の天と地 大むかしの人々は、この世界を天と地の2つにわけて考えていました。 天界には、たくさんの星がかがやき、地上に人間が住んでいますが この2つの世界も、はじめは1つのものだったち考えました。 では、どのように・・・

サブコンテンツ