「岩石」の記事一覧

岩石の利用 工業原料としての利用法とは?

石灰岩の利用 セッカイ岩は水成岩の一種で、小さいホウカイ石(炭酸カルシウム)の粒が 集まってできています。 石灰岩を、かまどの中で焼くと、分解して二酸化炭素が外へ逃げていき あとには、酸化カルシウムが残ります。 これが生・・・

岩石の利用 土木・建築用材としての利用法とは?

岩石の利用 岩石には、いろいろな利用法がありますが、大きくわけると 土木工事や建築用の石材として利用するしかたと セメントやガラスエ業などの工業原料として利用するしかたとがあります。 また、このほかに、いろいろな有用金属・・・

広域変成岩とは? 分布の様子と種類とは?

分布の様子 広域変成岩であるケッショウヘン岩は広域変成作用によってできますが この広域変成作用は、造山運動にともなって起こります。 それで、ケッショウヘン岩は造山運動がおこなわれた 造山帯の中心部にそって帯状に分布してい・・・

接触変成岩とは? 種類と分布の様子とは?

分布の様子 接触変成岩は、マグマからの熱のはたらきによってできるので 現在、地表では、火成岩のかたまり(火成岩体)を囲んでみられます。 火成岩でも半深成岩や火山岩は岩体が小さく、冷えかたも早いので そのまわりには接触変成・・・

変成岩の成り立ちとは? 変成作用と変成岩の分類とは?

変成作用 火成岩や堆積岩は、長い年月のあいだに あとから積み重なった岩石の下になって地殻の中にうすめられます。 そして、熱せられたり、もみ壊されたりして、その質がしだいにかわっていきます。 このように、いちどできあがった・・・

沈殿岩とは? 石灰岩・チャート・鉄鉱石・硫化鉱とは?

沈殿岩 岩石などから、水中に溶けだしたいろいろな成分の一部は 温度や圧力や、その水の性質などがかわると再び、沈殿しはじめます。 沈殿するときの条件によって化学成分か違いますから その成分で、つぎのように種類わけします。 ・・・

砕屑岩とは? 続成作用・火山砕屑岩とは?

粒の大きさ あらいだされた岩のかけらが、川で運ばれるとき 流れの強い上流では、粒の粗いものしか沈殿しませんが 下流へ行くにしたがって細かい粒も沈むようになります。 海底の堆積物も、沖にいくほど細かくなっています。 しかし・・・

堆積岩の特徴とは? 堆積岩の大分けとは?

堆積岩の記録 火成岩は、地下深くからあがってきたマグマ(岩礁)が、冷え固まったものです。 つまり、火成岩のできる原因は、地球の内部にあるわけです。 これに対し、堆積岩は、そういう火成岩や変成岩 前からできていた堆積岩とい・・・

岩石の割れ目 節理とは? 

岩石の中には、節理とよばれる割れ目が発達しているものがあります。 とくに火成岩には、いろいろな割れ目があり 不規則なものもありますが、かなり規則正しいものが多いようです。 この割れ目は、餅が固まるとき、割れ目ができるよう・・・

火成岩・半深成岩・深成岩の産状とは?

火山岩の産状 マグマは、陸上に噴き出して、いろいろな火山をつくるほか 海底に噴き出して、海底火山をつくることもあります。 しかし、海底火山については、まだ、よくわかっていないので ここでは、おもに陸上火山での火山岩のでき・・・

1 / 212
サブコンテンツ