「天文」の記事一覧

世界の天文台と日本の天文台とは?

東京天文台 東京都三鷹市にあり、東京大学に付属する天文台です。 ここでは、天文学についてのいろいろなしごとをしています。 まず、恒星の位置をくわしく調べ日本全国で 標準となる正しい時刻を決めるしごとをしています。 これに・・・

天文台のしごと、役割とは?

天文台は、天体を観測するところで この観測結果を用い、宇宙の有様を研究しています。 暦の計算や報時のように、私たちの暮らしに 関係の深いしごとをするのは、天文台の大切な役目です。 しかし、天文台のしごとは、これだけではあ・・・

赤道儀と望遠鏡とは?

赤道儀 長い時間、同じ星を観測するとき 望遠鏡を台につけておくと天の日周運動によって 星はすぐに望遠鐘から見えなくなります。 星の動きにあわせて、動かすことのできる望遠鏡を赤道儀といいます。 赤道儀のおもな部分は、極軸と・・・

望遠鏡のしくみとは?

大体の研究をするには、望遠鏡を使います。 望遠鏡は、そのしくみの上から、大きくわけて 屈折型と反射型の2つにわかれます。 屈折型望遠鏡 望遠鏡の筒先に凸レンズをつけたもので、星からきた光は 筒の後ろ側に集まり、像をむすび・・・

月面探査ロケット・惑星ロケットとは?

月面探査ロケット アメリカの月面着陸成功については、月面探査ロケットによる月面調査が かぎりなくすすめられていたのです。 まず1964年7月にうちあげたレインジャ一1号は テレビカメラによる月面の写真織影に成功し 196・・・

アメリカの宇宙開発計画とは?

いっぽうアメリカでは、マーキュリー計画がすすめられ まず1961年5月と7月に、それぞれ弾道飛行に成功しました。 そして1962年には、アメリ力最初の人間衛星 フレンド=シップ=セブン号が、地球を3周したのです。 それか・・・

人類最初の宇宙飛行士とはだれ?

月ロケットの打ち上げ 1959年には、ソ連の3つの月ロケッ卜が、すばらしい成功をおさめました。 宇宙ロケット第1号は、重さ約1トン半という大きなものでした。 衛星は、月から7000キロメートルばかりのところを通過したのち・・・

人工衛星が飛び続けるのはなぜ? 回収方法とは?

人工衛星が飛び続けるわけ いちど、秒速約8キロメー卜ルというスピードでうちあげた人工衛星に 地球をまわるようになり、もう地表には落ちてきません。 実際には地上何百キロメートルという上空にもわずかな空気があるので、 長いあ・・・

人工衛星とは? 人工衛星が飛ぶ原理とは?

人工衛星 1957年10月4日、ソ連が第1号人工衛星のうちあげに成功したと発表しました。 そして、明け方の空を横切って飛ぶ、明るい星のような衛星が見られ 衛星から送られてくるピピピという信号音を聞いたときには 世界中の人・・・

地球をとりまく空気とは? 観測を妨げる空気とは?

私たちは、地球をとりまく、大気という 厚い空気の海の底で暮らしている生物です。 空気の海は、水の海のように目立ちませんが、私たちの頭の上には 水にして、厚さ10メートルにも相当する重さの空気がのっています。 したがって、・・・

1 / 812345...最後 »
サブコンテンツ