「物質とその変化」の記事一覧

腐敗とは? 脂肪とたんぱく質の腐敗とは?

b01_006-min

腐敗というのは、発酵と同じように、微生物のはたらきによって もっとくわしくいえば、微生物のもつ酵素のはたらきによって 物質が変化することです。 しかし、その変化が、有害なものや、いやなにおいを発するなど いっぱん的に品質・・・

味噌・醤油発酵とは?

06211200_51c3c1b106dc8-min

味噌・醤油発酵 味噌も醤油も、大豆や小麦、米などに、カビを繁殖させ そのカビのだす酵素のはたらきによって発酵させた調味料です。 醤油 蒸した大豆といった小麦をまぜたものに、醤油種こうじ菌を繁殖させ まず醤油こうじをつくり・・・

アルコール発酵とは?

20130608160444_52264-min

アルコール発酵 アルコールをつくる目的で、でんぷんや糖蜜などの糖分を 微生物のはたらきでアルコールにかえる発酵のことですが その目的によって、原料や仕こみの方法などが、いろいろと違ってきます。 清酒(日本酒) 清酒をつく・・・

発酵とは? 発酵に使われる材料とは?

20337main-min

ブドウのしぼり汁を、かめに入れて密閉し、そのままにしておくと しだいに泡がではじめて、ぶどう酒のにおいがするアルコール分ができます。 これが昔から知られていた、もっともかんたんな 発酵によってアルコール飲料をつくる例です・・・

たんぱく質の消化とは? たんぱく質の消化酵素とは?

story-04-photo-min

たんぱく質は、たくさんの、しかもいろいろなアミノ酸が つながってできている大きな分子の栄養素です。 このような大きい分子は、そのままでは吸収されません。 また自分の体をつくっているたんぱく質とは、違ったたんぱく質が その・・・

脂肪の消化とは? 脂肪の消化酵素とは?

amani01-min

脂肪は、水に溶けにくく、水の中ではお互いに集まりあって 大小さまざまな粒になっています。 このような脂肪が、腸の壁から吸収されるためには 非常に小さな粒になるか、または分解をうけて 水に溶けやすい形にならなければならない・・・

でんぷんの消化とは? てんぷんの消化酵素とは?

c1kkka-min

食物の中にふくまれる、でんぷんや脂肪、たんぱく質は 非常に大きな分子であったり、また分子どうしがたくさん集まって 大きい粒子をつくったりする性質が強くて そのままでは、すぐに腸の壁から吸収されません。 そこで、食物が口か・・・

ビタミンとは? ビタミンの発見はいつ頃?

img11342076381-min

ビタミンの発見 「航海病」といわれた壊血病が、新鮮な野菜の欠乏のためにおこることが わかったのは、18世紀のことです。 しかし壊血病や、かっけなど、いろいろな病気が ある栄養素が不足するためにおこるのだという考え方が は・・・

無機質とは? 食塩・カルシウム・鉄・ヨウ素の特徴とは?

story-04-photo-min

食物の成分のうち三大栄養素といわれる有機質(炭水化物・脂肪・たんぱく質)を 除いた残りのものが、水分や塩分などの無機質(灰分)です。 無機質は私たちの体をつくる材料として、なくてはならない大切なものなのです。 また、これ・・・

食物中の三大栄養素の割合と熱量とは?

bandicam 2015-04-15 11-49-20-517-min

私たちが、毎日食べている食物中にはいろいろな栄養素がふくまれています。 口からとり入れられるこれらの栄養素は 体の中で、いろいろな酵素によって消化され 分解されて、だんだん形をかえながら、私たちの血となり肉となって 体を・・・

1 / 1812345...10...最後 »
サブコンテンツ