「物質とその変化」の記事一覧(2 / 18ページ)

必須アミノ酸と非必須アミノ酸とは? たんぱく質の栄養価とは?

必須アミノ酸と非必須アミノ酸 私たちの髪の毛や爪は、いつのまにかのびていきます。 また皮膚は、あかとなってむけていきます。 このほかにも、いろいろな証拠によって体のたんぱく質は 成長が止まったあとでも、たえず形づくられて・・・

たんぱく質と酸の関係とは?

たんぱく質と酸 牛乳に酸を少しくわえるとカゼインというたんぱく質が 沈殿して白いかたまりができます。 また、牛乳が古くなっても白いかたまりができます。 これは、牛乳の中にある乳糖が、乳酸菌によって乳酸にかわり この酸のは・・・

たんぱく質の成分とは?

たんぱく質の成分 たんぱく質には、たくさんの種類がありますが その組成はお互いによく似ています。 炭素・水素・酸素のほかに、窒素と硫黄をふくむことが炭水化物や脂肪と違う点です。 髪の毛や、つめを燃やすとくさいにおいがしま・・・

たんぱく質の種類とは?

私たちの体をつくっている物質の中で、その量からいっても はたらきの複雑なことからいっても、いちばん大切なものは、たんぱく質です。 筋肉や皮膚など体の支えとなるものばかりでなく 生理作用のうえでも、大切な役割をはたしている・・・

脂肪の用途とは? 石鹸とマーガリンの作り方とは?

石鹸 ふつう、私たちが使っている石鹸は、脂肪のケン化によってできる 脂肪酸のアルカリ金属塩が主成分となっています。 石鹸には、硬石鹸と軟石鹸とがあります。 これは、石鹸をつくるときに使う脂肪の種類と アルカリの種類によっ・・・

脂肪の性質とは? 脂肪の検出法とは?

脂肪の性質 ①きれいな脂肪は無色で、味もにおいもありません。 しかし動植物からとったままの、天然の脂肪はたいていうす黄色で 特有のにおいと味をもっています。 これは、天然の脂肪の中に 脂肪が酸化されて壊れたものや脂肪に溶・・・

脂肪のつくりと性質とは? 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とは?

脂肪の成分 脂肪を過熱水蒸気などで分解すると、グリセリンと脂肪酸とに分かれます。 これは脂肪が加水分解をしたのです。 この分解によってできた脂肪酸は、一種の酸なので 水酸化ナトリウムをくわえると中和され、塩をつくります。・・・

食物にふくまれる脂肪の割合とは?

脂肪は、食物に広くふくまれていますが 食物の種類や部分によって、ふくまれる割合は、非常に違っています。 植物性食品 ①穀類 米・麦・アワ・キビ・豆などがあります。 これらの種子は、炭水化物を多くふくみますが 豆を除いて脂・・・

脂肪と油脂とは? 植物性脂肪・動物性脂肪とは?

ふつう、動植物体から、いろいろな方法でとりだされ 水に溶けず有機溶剤にかなりよく溶けるような性質をもった成分を、脂肪といいます。 脂肪と油脂 せまい意味で、脂肪というのはバターや牛脂(ヘット) 豚脂(ラード)のように、常・・・

砂糖・グリコーゲン・セルロースの特徴とは?

砂糖 サッカロース・しょ糖・かんしょ糖など、たくさんの呼び名があります。 やはり二糖類で、αぶどう糖とβ果糖から水一分子がとれて結合したものです。 砂糖にはフェーリング液を還元する性質がありませんが 酸、またはサッカラー・・・

2 / 1812345...10...最後 »
サブコンテンツ