「人造物質の時代」の記事一覧

合成樹脂(プラスチック)が工場生産されるようになったのはいつ頃?

合成樹脂(プラスチック)というと、とても新しいもののような気がします。 しかし、1869年にアメリカのジョン・ハイヤッ卜という 印刷工がセルロイドを発明しています。 このセルロイドが合成樹脂の元祖であるということはできま・・・

人造繊維が登場しはじめたのはいつ頃?

1938年、アメリカの有名な化学会社デュポン社は 「水と空気と石炭からつくられる、クモの糸よりも細く 鋼鉄よりも強く、絹よりも美しい繊維」ナイロンを発表しました。 合成繊維、ナイロンの出現は、全世界の人たちの目を見張らせ・・・

農薬が発達したのはいつ頃?

20世紀の合成化学の進歩は、農業の世界にもたいへん貢献しました。 イネには昔から三大病害虫がつきものでした。 ウンカとニカメイチュウと、そしていもち病です。 たとえば、早植えして台風の最盛期がくる前に取り入れようとすると・・・

化学療法が進歩しはじめたのはいつ頃?

合成化学の発達 1828年、ドイツのフリードリッヒ・ウェーラーはシアン酸アンモニウムという無機物から、 尿素という有機物を人工的に合成することに成功しました。 その当時までは、有機物というのは生物の体内でのみ つくりださ・・・

サブコンテンツ