「電気分解」タグの記事一覧

ニッケルとコバルトの性質・用途とは?

ニッケルの性質 ニッケルは銀白色の金属で、展性・延性があります。 また、強い磁性があり、左の表のような物理的性質をもっています。 二ッケルは鉄と違って常温では空気中に そうとうの湿り気があってもほとんど変化しません。 熱・・・

メッキをするわけとは? めっきの種類と方法とは?

めっきをするわけ めっきは、ある物質に金属のうすい膜をつけることで その膜の厚さは、ふつう0.01センチ以下です。 めっきをするのは、つぎのような2つの理由からです。 その1つは、金属がさびつくのをふせぐためで その金属・・・

水酸化ナトリウムの製法・作り方とは?

水酸化ナトリウムの工業的製法 水酸化ナトリウムは、工業的には、食塩(塩化ナトリウム)を原料としてつくります。 その方法には、食塩水を電気分解し 直接水酸化ナトリウムにかえる電解法と 食塩から炭酸ナトリウムをつくって それ・・・

酸化・還元と電気分解とは?

酸化と還元 今までは、酸化と還元について別々に考えてきましたが ここで酸化・還元をまとめて考えてみましょう。 かんたんな例として、炭素が燃える場合を考えてみましょう。 炭素原子の原子価は0、二酸化炭素になったときは炭素の・・・

イオン化傾向とは?

電気を使うメッキのことはわかりましたが 電気を使わないでメッキする方法があります。 それには、金属イオンの性質をよく理解しなければなりません。 これから、金属イオンの性質と、その利用法などについて、考えることにしましょう・・・

イオンとメッキとは? 電気メッキとは?

電気メッキ 金属は陽イオンになりやすい性質をもっていますから 金属の陽イオンをふくむ溶液を電気分解すると、 陰極の表面に金属のメッキをすることができないでしょうか。 つぎのような実験をしてみましょう。 実験 ①ビーカーに・・・

ナトリウムの製法と性質とは?

ナトリウムの製法 ナトリウムは、水酸化ナトリウムや食塩(塩化ナトリウム)を 非常に高い温度で溶かして、この液体を電気分解してつくります。 例えば、食塩は800℃に熱すると溶けますから この溶けた食塩を黒鉛の陽極と鉄の陰極・・・

塩素とは? 塩素の性質と用途とは?

塩素の工業的製法 塩素は、工業的には食塩水の電気分解でつくられています。 食塩水の電気分解によってつくられる塩素は ふくまれる不純物も少なく、非常に濃いものです。 また、費用もたいへん安くなりますので 電解法は工業的な製・・・

食塩水の電気分解とは?

食塩水の電気分解 食塩は塩化ナトリウムという電解質でできていますが この濃い水溶液を電気分解してみましょう。 実際に実験してみると 陽極から塩素が、陰極から水素が発生することがわかります。 そして、陰極に近い水は水酸化ナ・・・

電気分解の原理とは?

電解質の水溶液に電流を通すとイオンが電気を運ぶ役目をして 電極にくっついて電気を失い、もとの物質と違う物質を生じます。 イオンがあれば、いつもこのような電気分解が行われるかどうか これから調べることにしましょう。 電気分・・・

1 / 212
サブコンテンツ