太陽系の星たちの軌道とは?

惑星の軌道

太陽の周りをまわる惑星の通り道は、まるでレールでもひいてあるように
きちんと決まっています。

もちろん実際には、レールもなにもあるわけではありません。
この惑星の通り道は、軌道とよばれます。

衛星が惑星のまわりをまわる通り道も決まっていて、やはり軌道とよばれます。




この惑星の軌道は、円にごく近い楕円を描いています。
みなさんは楕円の書き方を知っていますか。

机に紙を置いて、その上に瓶を2本たてます。
糸をまるく輪に結んで、2本の瓶にひっかけます。
つぎに、鉛筆を糸にかけて、瓶とひっぱりながら動かすと
円を押しつぶしたような形が書けます。

糸の長さは同じにしておいて、2本のはりの間隔を広げると細長い楕円が
せばめると円に近い楕円が書けます。

はりをたてた2つの点を、焦点といいます。
太陽は焦点の1つにあります。

地球の軌道は、直径10センチの円を、上下0.014ミリ縮めたのと同じ形をしています。
こうなると、もう円とほとんど見分けがつかない楕円です。

惑星が太陽をまわる方向は、みんな同じです。
仮に、地球の北極の、ずっと上のほうから、見下ろしたとすると
時計の針と反対の方向にまわっています。

惑星の軌道は、どれくらいの大きさなのでしょうか。
私たちの住んでいる地球は、直径が1万2800キロメートルもある人きな球ですが
これを1ミリに縮めてみたとしましょう。

すると、太陽から地球までは12メートル
いちばん内側の水星は、太陽から4.5メートルのところをまわり
いちばん外側のめい王星は、460メートルも離れたところを、まわっていることになります。

衛星の軌道

衛星が、惑星のまわりをまわる軌道も、やはり楕円です。
この楕円も、たいていは円に近いのですが、なかには、うんと細長いのもあります。

また、木星・土星・海王星の衛星の中には
ほかの衛星と反対の方向(北から見下ろして、時計の針と同じ方向)に
まわっているものもあります。

ほうき星の軌道

惑星と違って、ほうき星の軌道は、非常に細長い楕円です。
ほうき星の種類によっては、その楕円が太陽をまわって
木星の軌道にまで届いているものや
さらに、海王星の軌道にまで届いているものなど、いろいろあります。







サブコンテンツ