月の表面にあるクレーターとは? 月の裏側はどうなっているの?

クレーター

月面の明るい部分は、海のように平らでなく
大きなくぼみがたくさん集まっています。

南半球にあるクラビウスは、大きなくぼみで
直径がなんと230キロメートルもあります。

月の裏側には直径500キロメートルもあるクレーターが知られています。

このような地形は、地下からガスが逃げ出して
陥没してできたくぼみであるという火山説と
大きな隕石が落ちてきて開けた穴だという隕石説があり
どちらが正しいかまだはっきりしていません。




しかし、くぼみの形や様子などから、火山説の方が
現在は広く受け入れられているようです。

このくぼみのことを、火口とかあばたとか、クレーターとかよんでいます。
クレーターとは、もともとは杯という意味です。

月面の真ん中付近に大きなクレーターが3つ、南北方向にならんでいます。

南からアルザッヘル・アルフォンスス・トレミーの3つのクレーターです。

いちばん大きいトレミーは、直径140キロメートル
アルフォンススは110キロメートル、、アルザッヘルは96キロメートルです。

大きいトレミーの形は
まるいというよりクラビウスと同じように多角形になっています。
しかも多角形の確変は、クレーターの外へ遠くまで伸び丘陵となったり
小さいクレーターの列になったりして連なっています。

いちばん小さいアルザッヘルは、まるく整った形をしています。

アルフォンススには中央に山があり
1958年の秋、このあたりからガスの吹き出るのが発見されました。

月には大気がないため、山の影がくっきりとして
いかにもとげとげしく見えますが、実際にはなだらかです。

このことは、ルナ=オービター2号の撮った写真をみればよくわかります。

「雨の海」の南岸にあるコペルニクスは、満月のとき見ると
とでも明るいクレーターで、ここを中心にした四方に光の矢のような模様が伸びています。

これを光条といいます。

南半球にあるチコ山から伸びる光条は赤道を越え、北半球にまで伸びています。
隕石説によると大隕石が落ちてクレーターができたとき
飛び散った破片が光条となったと考えています。

火山説では、もちろん火山灰の積もった物としています。
コペルニクスやチコは、月の歴史でいちばん新しい時代にできた
若いクレータ―でしょう。

ルナ=オービター2号はコペルニクスの内部を大きくうつしだしました。
地球の火口とよく似ていますが、月には空気や水がないため
浸食作用によって刻まれた谷やがけ崩れは見られません。



山脈と谷

月にも山脈がありますが、それは月の海とよばれる海岸にそって伸びる海岸山脈です。
とりわけ「雨の海」の南東岸にあるアペニン山脈
北西岸に連なるアルプス山脈などはよく知られています。

また、月面の明るい部分には、無数のクレーターのほかに谷も見られます。

月面の中央近くにあるヒギヌスの谷は、望遠鏡でもよく見えますが
ルナ=オービター3号は、そのくわしい写真をとりました。
この谷は、ただのひび割れというものではなく、

谷の底が平たくなっています。
また、谷そのものも対象のクレーターの列からできているようにも見えます。

月の裏側

1959年、ソ連のルナ3号は、月の裏側の写真をとるのに成功しました。
いままでは、だれも見ることができなかった月の裏側が
はじめて明らかにされたのです。

それまでは、神秘に包まれていた月裏側のベールが、はじめて外されたのです。
最近では、アメリカのルナ=オービター号がくわしく写真をとり
それをもとにして、裏側の地図もできているほどです。

月の裏側にはm表側のような海がなく、一面が陸地で
表側の耀地部分と同じように、多くのクレーターがあります。

いままで、表側の観察だけではわからなかったことが
裏側を見ることにより、わかったこともあります。

100

上の写真は、ルナ=オービター4号が撮影した月の裏側と表側の境界付近のものです。
この写真は、月面から高さ4000キロメートルのところからうつしたものです。
上側の南極付近には、400キロメートルもある大クレーターがあり
その北側へ長さ320キロメートルもある大きな割れ目がはしっています。

この割れ目は、月面で最も大きいものの1つと考えられます。
写真に向かって左側が、表側で「嵐の大洋」につながっています。
右側は、まったく地球から見ることのできない部分です。

そのほか右ページの写真のように、表側には見られない大きなクレーターや
奇妙な形をしたクレーターなども発見されています。







サブコンテンツ