「水の働きと風化作用」の記事一覧

湖の一生とは? 湖の性質とは?

湖の堆積物 湖には、北海道の摩周湖や富士山の北にある本栖湖のように 流れこんだり流れ出したりする川がないものもありますが ふつうは湖に流れこんだり流れだしたりする川がみられます。 このよう湖には、流れこむ川が泥や砂を運ん・・・

湖のできかたとは? 火山に関係ある湖、関係ない湖とは?

湖は、いろいろの原因によってできますが できかたによってわけると、つぎのようになります。 火山に関係のある湖 カルデラ湖 カルデラに水がたまったもので、日本にはたくさんあります。 北海道の洞爺湖・支笏湖・司寒湖・屈斜路湖・・・

湖の分類と形・深さ・大きさとは?

湖と沼 土地の低いところや、大きなくぼみに、水がたまっているのが湖です。 海岸や平野にあるものもあれば山の中にあるものもあります。 湖に、荒波の押し寄せる海と違って、ふつうは、静かに水をたたえています。 岸は、絶壁になっ・・・

深海での海水のはたらきとは? 海底地すべり・海底風化とは?

海底地すべり 大陸棚といわれる、陸地に近い浅い海底には、ところどころに 陸上の谷と同じような海氏の谷が刻みこまれています。 海流などによって、この谷の両側の斜面や上流に堆積した土砂が その重み、あるいは津波や地震などをき・・・

海水の浸食作用とは? 海水の堆積作用とは?

海岸での海水のはたらき 海岸は、大きくわけて、岩石海岸と砂浜海岸 および内湾の泥の多い干潟をもつ海岸とに分類することができます。 このうち岩石河岸は、ふつう浸食作用が進んでいることが多いようです。 海水の浸食作用 海岸に・・・

海水の動きと、淘汰作用とは?

流れている水は水底にたまっている堆積(底質)を動かす場合に れき・砂・泥を、それぞれわけようとするはたらきがあります。 これを流水の淘汰作用といいます。 流水の淘汰作用は、れき・砂・泥がそれぞれ沈降速度(沈む速さ)や 初・・・

海水の動きとは? 潮流・海流・潮目とは?

潮流 海面は、ふつう1日に2回、ゆっくりともり上がり、まだ下がります。 その高さは数十センチから数メートルです。 このもりあがることを満潮、下がることを干潮といい このような上がり下がりの減少を潮の満ち干とか潮汐と言いま・・・

海水のはたらき・海水の性質とは?

海水の塩分 海水1キログラム中には約35グラムの塩分がふくまれています。 塩分の大部分をしめるのは塩化ナトリウム(食塩)で、これが海水の塩辛い原因です。 このほか、塩化マグネシウム・硫酸マグネシウムなどがふくまれています・・・

土の成分と酸性とは? 土の酸性の調べ方とは?

土の成分 土は固体・液体(水分)、気体(空気)からなり そのわりあいは、ふつう、4、3、3ぐらいです。 もちろんこの割合は、土の種類によって違います。 ねん土の多い土では気体が少なく、砂の多い土では、気体が多くなります。・・・

土のでき方と種類とは? 土の分類のしかたとは?

岩石と土 自然のままの土の上には、必ず植物が生えています。 しかし岩石には植物を育てる力がありません。 この点が、岩石と土の違うところです。 植物が育つためには、必要なだけの水分と養分を恨からえなければなりません。 とこ・・・

1 / 3123
サブコンテンツ