工業、農業、交通における気象との関係とは?

工業と気象

工業の発達とその土地の気候のあいだにも、大切なつながりが見られます。
福井県や石川県は、昔から絹織物の産地で、近頃は人絹織物も盛んになりました。

このわけは、
① 長い冬のあいだ、農家が暇になって、工場に、はたらきにでられる人が多いこと。
② 水力電気が、動力して、たくさん使えること。
③ 湿り気が多いために、糸きれがしないので、よい織物ができることなどです。




いろいろな工業のうちで、気象に関係があるのに
織物・金属・機械器具・窯業(かまや炉を使って、粘土や鉱石などを高温で焼いたり
融かしたりして、陶器・ガラス・セメントなどのような加工品をつくる仕事)
・化学・製材・木製品・印刷製本・食料品・ガス・電気などです。

工場の中では、有毒ガス・ほこり・湿度・温度などが
仕事の能率と、製品の良し悪しに関係してきます。

仕事をするのに都合のよい温度は、仕事の種類によって、いろいろ違います。
また、よい製品をつくるのに都合のよい温度と湿度も、上の表のように調べられています。

近頃は、大きな工場では、空気調節装置をつけて
生産に都合のよい温度、湿度を保つようにしています。

また、時計やカメラ・ラジオなどの精密な器械を取り扱っている工場では
ほこりを取り除く装置を取り付けるようになりました。

長業と気象

作物のとれ高は、気象のかわり具合と深い関係があります。
稲・麦・野菜・果物など、すべての植物がよく育つためには
適当な気温・湿度・日光・雨が必要です。

米がたくさんとれるためには、だいたい次のような気象条件が必要です。

① 稲が育つ6・7・8月の気温が高く、晴れの日が続き、しかも円の水が充分あること。
② 稲のかぶが大きくなるころには、とくに気温が高く、適当な雨量があること。
③ 花が咲く時期は、晴れた日が続き。温度が高く、取り入れの時期に雨が少なく
もみを干すのに都合がよいこと。

④ 花が咲く時期に台風の害がないこと。
異常高温が続いたり、雨が降り続くと、稲の病気や虫の害が起こりやすくなります。

種まきのとき、肥料をやるとき、農薬をまくとき、取り入れ・保存のときなどに
気象は、大きな影響をあたえますから、天気用法をよく理解して利用しなければなりません。



交通と気象

汽車・電車・船・飛行機など、陸・海・空、すべての交通は、気象と深い関係があります。

鉄道と気象

鉄道事故のもとになるものに大雨・暴風・雪・霧などがあります。
台風や梅雨の大雨のために、洪水が起こり、鉄橋が流され
土砂崩れのため、線路が埋まってしまうことがあります。

台風や強い低気圧のために、強い風が吹いて
風速30メートル以上になると、列車の運転を中止します。

冬になると北海道では、凍上(地面の中にふくまれている水分が
凍って膨張するために地面が持ち上げられること)が起こって、道床にでこぼこができます。

このような線路の上を列車が走るのは、たいへん危険です。

また、吹雪のために見通しが悪くなると、列車の安全運転が難しくなり
線路に雪が積もると列車が走れなくなります。

大雪のために、線路がうずまることが予想される場合には
ラッセル車やロータリー車などを配置し、線路の雪をのぞくために、たくさんの人を動員します。

また、ときには、乗客の数を制限することもあります。
このほかに、信号機や転てつ機(ポイント)の故障も、起こりやすくなります。

濃い霧のために、見通しが悪くなり、視界(見通しのきく範囲)が
1000メートル以下になると、列車は遅れるようになります。

視界が50メートルくらいになると、列車はとくに信号をしっかりと確かめ
速度を落として1秒間に2.5メートルの速度で走らねばなりません。

国鉄や私鉄は、いつも気象台と連絡をとって
気象の変化に注意し、車が安全に走れるようにしています。







サブコンテンツ