梅雨の影響とは? かび、大水、農作物の影響とは?

梅雨とかび

梅雨には、長いあいだ雨が続くので、子どもたちにとっては
外で遊べないのが、いちばん困ることです。

また、湿っぽいうえに、温度がかなり高いので、かびが生えやすくなります。

食物にかびが生えると、中毒を起こしやすく
着物を汚れたままにしておくと、かびが生えて、傷みやすくなります。




梅雨と大水

梅雨のあいだは、よく大雨が降って、大水や山くずれが起こります。
1953年の6月末には、九州で非常な大雨が降りました。

このとき、筑後川の上流では、雨量が1000ミリぐらいになったところがあります。
そのため、筑後川の流域は大洪水になり、田畑が水浸しになったり
たくさんの家が流され、また7000人以上もの人が死にました。

この大雨では、熊本を流れている白川が反乱して、熊本の町が泥でいっぱいになったり
関門トンネルに水が入って列車が不通になるなど、いろいろな被害がでました。

1967年7月のはじめには、西日本一帯が豪雨に見舞われ
佐世保・呉・神戸などで、雨量が300ミリを越えました。

そのため、各地で山くずれや堤防の決壊などが起こり、家が流され350人もの人が死にました。

梅雨と農作物

梅雨が長引くと、夏の日照時聞が短くなるので、農作物のできが悪くなります。

とくに、北日本では稲のできが悪くなって、たいへん困ります。
最近では、北海道で、1964年・1965年・1966年と3年も続いて、米が不作でした。

このように、梅雨は、いろいろな災害を起こすこともありますが
日本にとっては、なくてはならない、大切な雨の期間なのです。
農家の人たちは、梅雨の雨を頼りにして田植えをします。

もし、空梅雨で、この時期に雨が少ないと、田植えに困るばかりでなく
夏になってからは、田の水が少なくて困ることになります。

また、梅雨の雨が少ないと、水力発電のための水が足りなくなるし
水道用水も足りなくなってしまいます。

1959年の梅雨のときは、非常に雨が少なくて、田植えにも、飲み水にも困りました。







サブコンテンツ