「星空の観察」の記事一覧

連星、変光星、新星とは? いろいろな星

恒星は、大きさや重さ、色など、星によって少しずつ違いますが みんな、輝いた大きなまるいガスのかたまりです。 原子核反応により、その中心部でエネルギーがつくられ これを表面から熱と光として発散します。 大部分の星は、広い空・・・

恒星の正体とは? 恒星の大きさと色と温度の違いとは?

恒星の大きさ 恒星は、太陽と同じような天体で、大きさや重さは、だいたい太陽に似ています。 太陽よりずっと大きい星を巨星(巨人の星)、太陽ぐらいのや それより小さい星を、惑星(小人の星)といいます。 いままでに知られている・・・

恒星とは? 恒星までの距離と数とは?

恒星とは オリオン座や、おおぐま座などのような星座をつくっている星は 自分で光をだして輝いています。 これらの星を、恒星といいます。 恒星は、大きさ・重さなどすべて同じように大きいのですが 太陽とは、くらべものにならない・・・

星座の動きとは? 恒星と惑星の見分け方とは?

一年間の星座の動き 毎日、たとえば午後8時と時刻を決めて星空をながめると 見える星空は、季節によって、だんだんとかわります。 春に見えていた、獅子座・乙女座の星が、夏には西空に沈み、天の川を中央に さそり・座・いて座や、・・・

恒星の位置の表し方とは? 周極星と出没星とは?

恒星の位置のあらわしかた 地球をとりまく空間を1つの大きな天球と考え地球から遠い星も近い星も 距離を考えないで、右下の図のように、すべての星が 天球上にくっついているものと考えます。 そして、この天球上に地球と同じように・・・

星空の動きとは? 星空の動きの観察

毎日の動き 太陽は、毎日、朝になると東から昇り、夕方は西に沈みます。 月も、出入りの時刻は、毎日だんだんと遅くずれていきますが やはり、毎日東から出て、西に沈む動きを繰り返しています。 夜空の星に、たくさんあるので、なか・・・

星座の起こり、起源とは?

夜空には、たくさんの星が輝いています。 どの星もぴかりと光る、小さい光の点に見えますが 明るい星、暗い星、赤い星、青白い星などさまざまで またその並びかたも、とくに、規則正しくなっているわけではありません。 ただ、ぼんや・・・

サブコンテンツ